個人差はありますが、夜泣きのはじまる時期はだいたい3ヶ月から6ヵ月、そして終わる時期は1歳半から2歳といわれています。

ですので、子どもが1歳半頃になると「もう一人で寝れるんではなかろうか」と少し期待してしまう方もいるのでは?

 

実際に「一人で寝れるようになったよ」なんて声も周りからちらほら聞こえてきたのですが、僕ら夫婦のエンジェルは引退せず、夜泣きを続けることにしたもよう… 泣

ちなみに今まで夜泣きとは無縁だったのに、夜泣きが1歳半になって急に始まったというケースもあるとのこと。

 

1歳半の夜泣きは、新生児や生後数か月の赤ちゃんの夜泣きと「泣き声」の威力が違いますし、それはそれはひどいものです。

であれば、原因を突き止めて早いところ、夜泣き道から卒業してほしいですよね!

 

それでは1歳半の夜泣きの原因と対処方をお話ししていきます。

 

夜泣きとは

 

夜泣きとは、「特に理由もなく夜中に突然泣きだし、抱っこしても何をやっても泣き止まない状態」のこと。

やっと泣き止んで寝かしつけに成功したと思っても、またすぐに起きて泣いてしまい、それが朝まで延々と続くこともあります。

 

夜泣きが始まる月齢や期間、時間帯は赤ちゃんによって個人差がありますが、中にはほとんど夜泣きの時期がなかったという子もいるのです。

 

【1歳半】夜泣きがひどい!暴れる!のけぞる!泣き叫ぶ!原因は?

 

1歳半の子の夜泣きはひどいと冒頭で書きましたが、何も泣き声だけがひどいということではないのです。

夜泣き中の子どもは、「暴れる」、「のけぞる」、「泣き叫ぶ」を使い、泣き声 + 力強い動きで不快感をアピールしてきます。

 

ではその不快感の原因は一体なんなのでしょうか?

主な原因を以下でお伝えしていきます!

 

1歳半はまだ脳が発達中

子どもも大人も一緒ですが、睡眠は浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)の繰り返しとなります。

ただし、幼い子どもの場合はまだ脳が未発達なため繰り返しの波が短く、なおかつ浅い眠りが多い傾向にある。

 

子どもの場合全体的に眠りが浅い上に、眠ること自体が上手くないのです。
そのため、眠りが浅くなったときに次の深い眠りへの切り替えがうまくいかないことが多いとのこと。

 

夜中に覚醒しても自分の力で、もしくはママ・パパのちょっとした助けですぐにまた眠りにつくことができる子は夜泣きしない子で、自分の力だけですぐに眠りにつけない子は泣いて訴えるのです。

 

日中の強い刺激やストレスによる影響

いつもと違った楽しい経験をしたり、怖い出来事があったりすると、強い刺激やストレスになることが多い。

例えば、保育園に通い始めたり、引っ越ししたり、下の兄弟が生まれたりなどして、身の周りに起こる大きな変化が夜泣きにつながるのです。

 

体調不良や不快感

風邪気味や熱が出る前など、体調が悪いときは睡眠が浅くなります。
そんなときの夜泣きは「辛くて、うまく眠れないよ~」という子どもからのSOS

 

幼い子どもの体調はデリケートなので、なるべく早く泣き止ませ、落ち着かせましょう。

参考:夜泣きがひどい!夜泣きと病気の見分け方、夜泣きと夜驚症の違いとは?

 

お昼寝不足

子どもにとってお昼寝は、脳を休息させる大事な時間

1歳半ごろのこどもは毎日が刺激的でさまざまな経験をすることが多く、その刺激は情報となり、お昼寝の時間に脳が情報の整理してくれます。

 

ですので、お昼寝をしないと脳は情報を整理しきれなくなり、興奮状態のまま夜を迎えることになる。この状態だと、たとえ寝ついても夜中に起きて夜泣きをするのは無理もありませんね。

 

→【厳選】夜泣き対策グッズ4選!辛い夜泣きをいち早く解決したいあなたへ!はこちらをクリックする

 

【1歳半】夜泣き対処法

 

1歳半頃の子どもがひどい夜泣きをする原因について前章でお伝えしてきました。

原因がわかると対策が取りやすいですよね!

 

本章では、夜泣き対策についてまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

 

生活リズムを朝型へ

朝早く起き、朝日をしっかり浴びることによって、体の中のセロトニンを増やし、ひいてはメラトニンと呼ばれる「眠りホルモン」を夜分泌させることができる。

メラトニンが分泌されれば分泌されるほど眠りやすい体になるので、生活リズムが乱れている場合は、まず生活リズムを朝方にすることをおススメします。

 

お昼寝の時間、タイミングを見直す

「夜寝ない」、「夜中に頻繁に起きる」原因として考えられるのが、昼間や夕方に、長時間お昼寝をしてしまうことが挙げられる。

お昼寝を長時間してしまう、またはお昼寝の時間帯が遅くなってしまうことで、どうしても夜眠くなる時間が遅くなるという悪循環に陥ってしまいます。

 

お昼寝時間の目安としては最大3時間くらいまで、時間帯については遅くとも午後3時ぐらいまでには起こしてあげましょう。

 

寝るまでのルーティンを決める

赤ちゃんに「寝る時間ですよ。」と直接話しかけても当然通じませんが、赤ちゃんに1日の生活の流れと「寝るタイミング」を覚えさせることはできるのです。

大切なことは、昼間は活発に活動し、夜は寝る、という生活リズムを赤ちゃんの頭と体に覚えこませ、習慣化すること。

 

起きる時間、食事、お風呂の時間もなるべく毎日同じにし、一日のルーティンを覚えさせてあげましょう。

 

寝むり辛い状態を解消に努める

夜泣きしない子にするには、眠り辛い不快な状態を解消する必要があります。

不快な状態では私たち大人でさえ眠りにつくのは難しいですよね。であれば、当然赤ちゃんも快適な状態でなければ眠りづらい訳です。

 

主な不快な原因は以下の通りです。

 オムツが汚れている

 暑すぎるもしくは寒すぎる

 おなかが空いている

 生活音が気になる

 部屋が明るい

 ハウスダストやほこりによるくしゃみや鼻づまり

 

赤ちゃんが眠り辛そうだなとは感じた場合は、上記の原因を一つ一つ解消してみて下さい!

 

食べ過ぎに注意する

食べてくれること自体は嬉しいことなのですが、「まだ食べたそうだから与えよう」と思い与え続けていては食べ過ぎになってしまうのです。

食べ過ぎでしまうと、それだけ胃の消化活動が活発になるため体温が下がりにくくなります。

 

人間は体温が下がるタイミングで眠くなるので、胃の中にいつまでも食べ物が残っている状態は、子どもの寝つきを悪くし、安眠を妨げることにつながる。

赤ちゃん自身で食事の量をコントロールすることは難しいので、月齢でのおおよその量を把握しておき、食事を与えるようにしましょう。

 

もし赤ちゃんの食事の量をどうしたらよいか悩んでしまう場合は、専門医に相談してみてはいかがでしょうか。

 

すやねむカモミールを利用する

何をやってもお子さんの夜泣きが止まらない場合は、夜泣きサポートティーのすやねむカモミールを利用してみてはいかがでしょうか。

「すやねむカモミール」とは、子どもを深い休息へ誘うカモミールを中心としたハーブティーになります

 

ノンカフェイン、無香料・無着色で、なおかつ品質管理や安全試験も実施しているため安心して子どもに飲ませることができる優れもの。

授乳期の赤ちゃんには直接飲ませず、ママが母乳を通して飲ませてあげ、離乳食をしっかり食べる1歳頃からは白湯で薄めて冷ましてから哺乳瓶やストローコップで飲ませてあげます

 

「すやねむカモミール」を飲み、辛い夜泣きとの日々にサヨナラし、笑顔の子育てを体験してみましょう!

→ 赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー【すやねむカモミール】公式サイト はこちらをクリック!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

1歳半の子どもの夜泣きに対応するのは本当に大変ですので、早くひどい夜泣き期が過ぎ去って欲しい。

 

この記事で取り上げたいくつかの方法で夜泣きが必ず軽減できるとは言いきれないのですが、紹介した方法を試していただき、赤ちゃんが少しでも夜泣きをせず長く眠ってくれるようになってもらえれば幸いです。

絶対に大丈夫、もう少しで静かな夜は帰ってきます!

 

参考:【夜泣き】疲れた、もう無理。と思ってしまったらすぐにやるべきこと

 

→【厳選】夜泣き対策グッズ4選!辛い夜泣きをいち早く解決したいあなたへ!はこちらをクリックする

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 


子育て情報ランキング