「2歳になったのに夜泣きが終わらない。」

「友達の子は夜泣きが終わっているのにどうして私の子だけ。。」

 

2歳の子が夜泣きをするケースも確かに少なくはないのですが、一般的には生後半年から1歳半までの期間に夜泣きをする子が多いようです。

では2歳で夜泣きをする子はどんな理由で、2歳になっても夜泣きをするのでしょうか。

 

2歳の子が夜泣きをする原因と対策について、またパパがどうしたら子供の寝かしつけをできるようになるのかを今回はお伝えしていきます。

 

2歳児の夜泣きの原因

 

まず、この章では一般的な2歳児の夜泣きの原因についてお伝えしていきます。

夜泣きの対策をたてるためにも夜泣きの原因について理解を深めていきましょう!

 

自我が芽生える

2歳前後の子供にみられる「イヤイヤ期」、このイヤイヤ期も夜泣きと関係があるのです。

このころになると自我が芽生え、自己主張が激しくなり、「自分のしたいことは何が何でもやりたい」という気持ちが強くなります。

 

「イヤイヤ」が始まると、ママたちのイライラもつのり最終的には怒鳴ってしまうこともあるでしょう。ママの怒った顔が子どもの脳裏に焼きついている場合があり、それが夜泣きとなってあらわれることもあるとのこと。

 

怖い夢と現実の違いが理解できない

2歳前後の子ですが、様々な体験を通して、「怖い」という感情が徐々に増えてくようです。ですので夜眠っている時に怖い夢をみた場合びっくりして泣いてしまうこともあるとのこと。

また、夢の途中で目覚めてしまったがために、夢と現実の区別がつかずに混乱して泣く子どももいるのです。

 

赤ちゃん返り

下の子が生まれたときに「ママが赤ちゃんにとられてしまう」といった不安や愛情不足を感じることによって起こるものが赤ちゃん返り。

下の子が生まれたころに夜泣きが始まった場合は、赤ちゃん返りの可能性を疑ってみましょう。

 

参考:兄弟で同時に夜泣き!どうすれば?まずは上の子のケアを優先すべき!?

 

お昼寝不足

子どもにとってお昼寝は、脳を休息させる大事な時間

毎日が刺激的でさまざまな経験をしている2歳前後の子供、その刺激は情報となって、お昼寝の時間に脳が整理してくれるのです。

 

ですので、お昼寝をしないと脳は情報を整理しきれなくなり、興奮状態のまま夜を迎えることになる。この状態だと、たとえ寝ついても夜中に起きて夜泣きをするのは無理もありませんね。

 

 脳が未発達

睡眠は浅い眠り(レム睡眠)深い眠り(ノンレム睡眠)の繰り返しとなります。ただし、幼い子どもの場合はまだ脳が未発達なため、繰り返しの波が短く、なおかつ大人に比べ浅い眠りが多いとのこと。

また子どもの場合全体的に眠りが浅い上に、眠ること自体が上手くない。そのため、眠りが浅くなったときに次の深い眠りへの切り替えがうまくいかず、それが原因で起きることが多いのです。

 

ちなみに夜中に覚醒しても自分の力で、もしくはママ・パパのちょっとした助けですぐにまた眠りにつくことができる子は「夜泣きしない子」で、自分の力だけですぐに眠りにつけない子が「夜泣きする子」なのです。

 

刺激やストレスが多い

いつもと違った楽しい経験をしたり、怖い出来事があったりすると、強い刺激やストレスになることが多い。

例えば、保育園に通い始めたり、引っ越ししたり、下の兄弟が生まれたりなどして、身の周りに起こる大きな変化が夜泣きにつながるのです。

 

体力が有り余る

2歳前後ですと子どもとはいえ、かなり体力があるわけです。

日中十分に遊べなかったり、一日中室内で過ごすなど、エネルギーが十分に発散できず体力があり余り、夜泣きをすることも。

 

また昼寝の時間が夕方からになったり、必要以上に昼寝をしすぎたりすることも夜泣きの原因とされます。

疲労感を感じていないときには眠りが浅くなりがちですので、昼寝の時間を調整したり、子どもにあわせた体力を使う遊びを考えてみましょう。

 

→【厳選】夜泣き対策グッズ4選!辛い夜泣きをいち早く解決したいあなたへ!はこちらをクリックする

 

2歳児の夜泣き対策法

 

ここでは2歳児の夜泣き対策を紹介します。まだ実践していない方法がありましたら取り組んでみてはいかがでしょうか。

 

スキンシップを増やす

子どもは親とのスキンシップによって安心感を得ることができ、成長とともにさまざまな経験をし、楽しい、不安、嫌だなど多様な感情を感じていきます

下の兄弟が生まれて少し不安になっていたり、保育園やプレ幼稚園に通い出して緊張していたりする時期には、いつも以上にスキンシップを増やし、子どもへの大好きをたくさん伝えてあげることが大切。

 

生活リズムを整える

朝早く起き、朝日をしっかり浴びることによって、体の中のセロトニンを増やし、ひいてはメラトニンと呼ばれる「眠りホルモン」を夜分泌させることができる。

メラトニンが分泌されれば分泌されるほど眠りやすい体になるので、生活リズムが乱れている場合は、まず生活リズムを整えることをおススメします。

 

夜泣きの状況を少し見守る

人間は一旦眠りに入ると、浅い眠り「レム睡眠」深い眠り「ノンレム睡眠」を来る返すようになりますが、レム睡眠時の体の仕組みが大人と幼いこどもでは以下のように異なります。

大人の浅い眠り時運動抑制がかかり身体は動かない。

幼児の浅い眠り時 → 運動抑制がかからず、起きている時と同じように身体が動く。

 

つまりお子さんが動いたり大声で泣いたりしている状態は、起きているのではなく、「浅い眠りで、本当は寝たままの状態なのかもしれない」ということです。

 

浅い眠りを夜泣きと勘違いし抱っこし続けた場合、子どもに「浅い眠りになるたびに起きて」というしつけをしていたということになり、それが原因で「浅い眠りの度に起きてしまう」という習慣が身につく可能性があります。

 
夜中に泣き出しても、すぐには抱っこしないでまずはそっと見守ることが大切。少し待つことでもしかしたら泣き止むかもしれませんよ。

 

寝るタイミングを覚えさせる

子供に1日の生活の流れと「寝るタイミング」を覚えさせましょう。

昼間は活発に活動し、夜は寝る、という生活リズムを子供の頭と体に覚えこませ、習慣化することは大切。

起きる時間、食事、お風呂の時間もなるべく毎日同じにし、一日のルーティーンを覚えさせてあげましょう。

 

パパが寝かしつけをするためには

 

ママだけが夜泣き対応をしている家庭もまだ多いとは思いますが、2歳児の夜泣きは乳児の頃と比べ寝かしつけに労力がかかります。

やはり1人で対応するのは辛いので、パパにも寝かしつけに参加してもらいましょう。

 

ただし、普段からお子さんとの関わり合いの時間が少なければ、パパが急に寝かしつけをしようと思っても、やはり難しい。

パパが夜お子さんを寝かしつけるには、仕事が休みの日に一日中お子さんと接する機会を作り、とにかくスキンシップやコミュニケーションを取ることが必要。

 

一日中一緒にいることで、今まで以上にお子さんが懐いてきますし、オムツ換えをしたり、お風呂に入れたり、テレビをを見たり、グズグズをあやしてみたりと同じ時間を共有することでパパとお子さんとの親子の絆が生まれてきます。

 

お子さんに大好きになってもらい、ママと同じくらい安心感を感じてもらえれば、パパにでも寝かしつけは必ずできるのです。

 

まとめ

 

2歳の子の夜泣きの原因、対策、そしてパパがどうしたら子どもの寝かしつけをできるようになるのかお伝えしていきました。

2歳になってもまだ夜泣きが終わらないと、このままずっと夜泣きが終わらないのではという不安に襲われるでしょう。

 

でも安心してください。夜泣きは必ず終わるのです。

少しでも早く夜泣きを卒業してもらうためにも、パパと協力してご紹介した夜泣き対策法をぜひ実践してみて下さい!

 

→【厳選】夜泣き対策グッズ4選!辛い夜泣きをいち早く解決したいあなたへ!はこちらをクリックする

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 

子育て情報ランキング