生後2ヶ月までの赤ちゃんがなかなか寝ないことはよくありますが、昼間だけでなく夜も泣いて寝ないとすこし心配になりますよね。

もちろん新生児の頃から昼夜を問わずよく寝る子もいるとは思いますが、まだ寝ない子も多い時期ではないでしょうか。

 

生後2ヶ月といえば、まだまだ新生活がスタートしたばかり、そんなスタート直後に赤ちゃんが昼も夜も寝てくれない」という状況に直面したら、新米ママやパパにとってそれはそれは大きな負担となります。

では生後2ヶ月の赤ちゃんが昼、夜寝ない原因や、泣くことの原因は一体どのようなことが考えられるのでしょうか?

 

きっと寝ない原因がわかればママやパパも赤ちゃんとの生活が少しは送りやすくなるはず。

それでは今回は生後2ヶ月の赤ちゃんの睡眠事情や、赤ちゃんが寝ないことへの対策についてお伝えてしていきます。

 

【生後2ヶ月】赤ちゃんが寝ない原因と対策

 

生後2ヶ月の赤ちゃんの場合、寝たと思ったらすぐ起きてしまったり、ママ(パパ)が少しでも離れると泣いてしまうようなことがよくあるはず。

そのような悩みを解決するためにも、まずは生後2ヶ月の赤ちゃんが「寝ない」、そして「泣く」ことの原因を検証していきましょう。

 

お腹が空いている

生後2ヶ月頃ですと、寝ないで泣く原因の多くが、授乳やミルクの量の不足といわれています。

十分な量を授乳しているとママが思っていても、実は赤ちゃんのお腹は満たされておらず、寝る時間と同じタイミングで「お腹が空いた」と泣いてしまうケースも。

 

まずは1度、1日の授乳量を見直してみるのもよいかもしれませんね。

 

オムツ交換 

まだ生後2ヶ月の赤ちゃんですと、おしっこやうんちの回数も多いのです。

そもそもうんちがゆるく、オムツの中が蒸れやすいこともあるので、オムツが濡れていないかをだいたい2,3時間ごとにチェックすることも大切。

 

オムツをこまめに変えることで、「赤ちゃんが眠りやすい環境」をつくることができるのです。

 

げっぷを出せない

授乳やミルクの際に空気を飲み込んでしまったため、げっぷをうまく出せず、お腹に空気が溜まってしまうケースがある。

そのお腹に溜まった空気による不快感から赤ちゃんが泣いてしまうことがあるのです。

 

げっぷを出していないと母乳やミルクを吐きやすくなるので、眠るときは頭の位置を少し高くして寝かせてあげてください。

 

室温や温度が合わない

部屋の温度が適温でないため赤ちゃんは泣いて寝ないのかもしれません。

ちなみに赤ちゃんは我々大人が思っている以上に体温が高く、汗っかきなので、その時期に合わせて適切な温度で過ごせるように、着る服や肌着を考えることも必要。

 

暑い時期は冷房や扇風機を、寒い時期は暖房や加湿器を上手に使い、赤ちゃんが快適に過ごせる室温を保ちましょう。

 

一人では不安で寝れない

外の世界へでてきたばかりの赤ちゃんは、外の世界のことがまだよくわからないこともあって、一人では不安で落ちつかないことがよくあるとのこと。

ママ(パパ)が近くにいないことでいきなり不安を感じてしまうため、長時間なかなか落ち着いて寝ないときは、抱っこしたりスキンシップをしたり、安心感を与えてあげましょう。

 

病気の可能性

熱がある、もしくは赤ちゃんの様子がおかしいと感じた場合は、病気にかかっている可能性があります。

赤ちゃんには約半年ほど母体免疫があるからといわれていますが、母体免疫があるからといって、まったく病気にならないという訳ではない。

 

赤ちゃんの体温はもともと高いですが、38度以上の発熱があればすぐに病院を受診しましょう。

気になることがあれば自分であれこれ考えず病院に相談してください。

 

まとまって夜寝ない、そして昼も寝ない!?赤ちゃんは大丈夫?

 

赤ちゃんは生後3ヶ月頃から昼夜を認識することができるようになると言われています。

ですので赤ちゃんが「昼も夜もまとまって寝ない」、「昼夜関係なく寝たり起きたりしている」原因は、生後2ヶ月の赤ちゃんがまだ昼夜を認識できないためなのです。

 

赤ちゃんの中には30分ほどの短い時間で寝て・起きるを繰り返す子もいるとのこと。

ですから親が思うほどまとまって寝ないかもしれませんが、特に問題視する必要はないのです。

 

成長するにつれ、生活リズムが整ってくるので、焦らずにお世話していきましょう。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

生後2ヶ月ですと、赤ちゃんがなかなか寝ないことはめずらしいことでもなんでもないので、満足な睡眠時間が取れず苦労されている親御さんは多いのでは。

 

特に新米ママやパパは赤ちゃんが寝ない原因がわからず、ただ泣くだけの赤ちゃんを隣にし、「こんなはずじゃなかった」と悩んでしまう日もあるでしょう。

そんなときは、先ほど目次1【生後2ヶ月】赤ちゃんが寝ない原因と対策でお伝えした対策を実践してみて下さい。

 

またできるだけ家族や友人など、身近な人たちに協力を求めてみることも大切なのではないでしょうか。

ママやパパとなってまだ2ヶ月。難しいとは思いますが焦らず、そして今しかない、赤ちゃんの成長を楽しんで育児をしていましょう。

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 


子育て情報ランキング