赤ちゃんは生後3ヶ月ごろから、なんとな~く昼と夜の区別がつくようになると言われ、その後少しずつ夜長く眠るようになるのです。

生後6ヶ月にもなると、睡眠のリズムが整った子も現れ、長いと5,6時間以上夜寝続けることも。

 

しかしその一方で、夜泣きが始まる時期も生後6ヶ月ごろからのため、「赤ちゃんが夜になっても寝ない」、「夜中に赤ちゃんが頻繁に起きる」などの症状に苦しめられる時期でもある。

夜泣きの理由は様々なため、何が原因なのかわからず、泣き叫ぶ我が子の前で戸惑う新米ママ、パパも多いことでしょう。

 

今回はそんな生後6ヶ月の赤ちゃんの夜泣きに悩むママやパパのため、「生後6ヶ月の赤ちゃんの夜泣き」についてお伝えしていきます!

 

生後6ヶ月の赤ちゃんが夜寝ない、そして夜中に頻繁に起きる原因とは?

冒頭でも述べましたように、生後6ヶ月の赤ちゃんの中には、夜すんなり寝て、なおかつ長時間まとめて寝ることができる赤ちゃんもいるのです。

ということは、夜寝ない子や、夜寝たはいいが夜中に頻繁に起きる子には何か「原因」があるのではないだろうか?

 

当然その原因を取り除かねば、「夜寝かす」ことも、「夜長時間寝てもらう」ことも難しいが、逆を言えば、その原因がなくなればひとりで寝られるようになるかもしれない。

それでは考えられる「夜寝ない」、「夜中に頻繁に起きる」原因を検証していきましょう!

 

起床の時間が遅い

赤ちゃんの朝起きる時間は遅くありませんか?

もし起きる時間が遅ければ、それだけ夜眠くなる時間も遅くなり、生活のリズムがどんどん後ろにずれていくことになる。

 

また、夜あまり眠くない状態で無理やり寝かせたとしても、眠りは浅いのですぐに起きてしまうことになるのです。

 

お昼寝の時間が長い、遅い

お昼寝の時間が長かったり、例えば夕方などの遅い時間帯にお昼寝をしているようであれば、夜眠くなる時間が遅くなるのも当然のこと。

赤ちゃんが夜眠くならない原因はお昼寝の時間にあるかもしれません、今一度お昼寝の時間やタイミングに注意を払ってください。

 

生後6ヶ月の赤ちゃんの夜泣き対処法

夜泣きが始まるのはだいたい生後6ヶ月頃からということもあり、このぐらいの時期から「赤ちゃんが夜寝ない」、「赤ちゃんが夜中に泣いて起きる」ことに悩まされる方も多くなる。

泣いても少しあやせば寝てくれるケースももちろんあるのですが、泣き止まず寝てくれない、または寝たと思ったらすぐにグズリながら起きてしまうこともしばしば。

 

それでは以下にて「夜寝ない赤ちゃん」、「夜中に頻繁に起きる赤ちゃん」の対処法を3つお伝えしていきます!

 

生活リズムを朝型へ

朝早く起き、朝日をしっかり浴びることによって、体の中のセロトニンを増やし、ひいてはメラトニンと呼ばれる「眠りホルモン」を夜分泌させることができる。

メラトニンが分泌されれば分泌されるほど眠りやすい体になるので、生活リズムが乱れている場合は、まず生活リズムを朝方にすることをおススメします

 

お昼寝の時間、タイミングを見直す

「夜寝ない」、「夜中に頻繁に起きる」赤ちゃんの特徴ですが、昼間や夕方に眠くなってしまうことと、長時間お昼寝をしてしまうことが挙げられる。

お昼寝を長時間してしまう、またはお昼寝の時間帯が遅くなってしまうことで、どうしても夜眠くなる時間が遅くなるという悪循環に陥ってしまいます。

 

お昼寝時間の目安としては最大3時間くらいまで、時間帯については遅くとも午後3時ぐらいまでには起こしてあげたい。

赤ちゃんは眠いとグズってしまうので、寝かせてあげたい気持ちも分からなくもないのですが、夜起きるのを防ぎ、ぐっすり眠ってもらうためにもここは我慢しましょう。

 

寝るまでのルーティンを決める

赤ちゃんに「寝る時間ですよ。」と直接話しかけても当然通じませんが、赤ちゃんに1日の生活の流れと「寝るタイミング」を覚えさせることはできるのです。

大切なことは、昼間は活発に活動し、夜は寝る、という生活リズムを赤ちゃんの頭と体に覚えこませ、習慣化すること。

 

起きる時間、食事、お風呂の時間もなるべく毎日同じにし、一日のルーティンを覚えさせてあげましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今現在も「夜寝ない」、「夜中に頻繁に起きる」ことで悩み、原因がよくわかっていない方は、目次2:「生後6ヶ月の赤ちゃんが夜寝ない、夜中頻繁に起きる」対処法でお伝えした下記の対処法を試してみてはいかがでしょうか。

 

・生活リズムを朝型へ

お昼寝の時間、タイミングを見直す

眠るまでのルーティンを決める

 

赤ちゃんが夜ぐっすり眠るため、さらにはママやパパのストレス、睡眠不足解消のためにも、まずは今までの生活習慣に問題がないかを確認し、問題があるようであれば改善してみて下さい!

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 


子育て情報ランキング