夜泣きの原因はお昼寝にある?

夜泣きに悩まされているママにとって夜泣き問題は切実な問題、常に何が夜泣きの原因なのか本やネットで情報収集されている方も多いのではないでしょうか。

 

そんな夜泣きの原因の一つに「お昼寝」が挙げられています。

赤ちゃんの日中の活動がさかんになる1歳前後には、お昼寝をしっかりする子も多くなってきますが、その際にはきっちりお昼寝の時間を決めるなど、大人に近い睡眠リズムを作っていくことが大切。

 

睡眠のリズムを作ることが大事だということは分かりましたが、そもそもどの程度の時間赤ちゃんはお昼寝をすればよいのでしょうか。

夜泣きを引き起こすお昼寝の原因も含め、検証していきたいと思います。

 

昼寝の平均時間は?

 

夜泣きとお昼寝の関係をお話しする前に、子供たちは一体一日何時間お昼寝をしているのかを調べてみましょう。

ベネッセ次世代育成研究所 「第4回幼児の生活アンケート」 によると平均睡眠時間は以下の通り。

 

月齢 未就学児の平均昼寝時間 就学児の平均昼寝時間
1歳 1時間47分 2時間6分
2歳 1時間33分  2時間5分
3歳 45分 1時間51分

 

2歳までは就学時、未就学児共に2時間前後ですね、あくまでも目安ですが参考にしてみて下さい。

 

昼寝短い場合:夜泣きへの影響は?

 

昼寝短い場合や昼寝しない場合、赤ちゃんは夜泣きをしやすくなると言われています。

その理由を以下で説明していきます。

 

夕方に寝てしまう

外出などでお昼寝の時間が確保できなかった場合、赤ちゃんは昼寝れなかった分を取り返そうと夕方ごろに寝ようとします。

ただし、午後3時以降に寝てしまうと、睡眠時間がずれ、いつもより遅い時間帯でなければ赤ちゃんが眠くならなくなってしまう。

 

3時以降でも15分~30分程度の短い時間お昼寝をさせることはアリですが、あまり長い時間夕方寝ることは夜の寝かしつけに影響しますので、なるべく昼にまとまって眠ることをおススメします。

 

頭の整理

子どもにとってお昼寝は、脳を休息させる大事な時間

毎日が刺激的でさまざまな経験をしている子供にとって、その刺激は情報となって、お昼寝の時間に脳が整理してくれるのです。

ですので、お昼寝をしないと脳は情報を整理しきれなくなり、興奮状態のまま夜を迎えることになり、眠れなくなるのです。

 

免疫力がつかず、風邪をひきやすくなる

人が眠くなるのは、メラトニンという睡眠ホルモンの分泌が大きく影響しています。メラトニンは、生活リズムを調整したり、細胞の酸化を抑えたりするほかに、免疫力を強める働きもあるのです。

近年では、メラトニンはガン治療にも効果があるという研究データがあることから、病気の予防や細胞の酸化を防ぐためにも大切なホルモンとされているとのこと。

 

子どもは、睡眠中にメラトニンの分泌が盛んに行われるとされています。お昼寝を活用して、子どもの免疫力を上げていきましょう。

 

免疫については夜泣きと直接関係のある話ではありませんが、子どもが病気をすることによって夜泣いてしまうこともあります。しっかりと昼寝をし、免疫をつけることで夜健康的にぐっすり眠れる体にもなるということを頭の片隅に置いておいてください。

 

 

 

昼寝長い場合:夜泣きへの影響は?

 

昼寝が短い場合だけでなく、長い場合でも、夜泣きの影響が出ると言われています。

赤ちゃんの昼寝中に溜まっている家事を一気にしたり、一休みするなどママにとって赤ちゃんの昼寝の時間はとても貴重な時間。そうなるとできるだけ長く寝てもらいたいという気持ちになってしまいますね。

 

ただし、昼寝が長すぎてしまうと夜になかなか寝てくれないということになってしまう。

1回の昼寝は長くても3時間を超えないように心掛け、適当なタイミングで赤ちゃんを起こすことが必要なのです。

 

最適な昼寝の時間とは

 

お昼寝を長時間することは良くないです、ただ、かといってほとんどお昼寝の時間を取らないのも良くはないのです。

先ほどの章「昼寝長い場合」でも述べましたが、お昼寝時間の目安としては最大3時間くらいまで、時間帯については遅くとも午後3時ぐらいまでには起こしてあげたいですね。

 

夜泣きを防ぎ、ぐっすり眠ってもらうためにも、昼寝の時間や時間帯を意識しつつ、しっかり昼寝をさせましょう!

 

まとめ

 

昼寝の長さと夜泣きの関係について検証していきましたがいかがだったでしょうか。

夜泣きで悩まれている親御さんはお子さんのお昼寝の時間を今まで意識していましたか?

 

もし今まで意識していなかったのであれば、今後は夜泣き防止のためにもきっちりお昼寝の時間を決めて、それ以上寝かさないで起こす習慣をつけましょう

また、たまにはお昼寝無しの日があってもいいのですが、出来るだけ、毎日お昼寝の時間を作ってあげることが大切ですね。

 

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 


子育て情報ランキング