赤ちゃんの目覚ましい成長には、睡眠が欠かせません。それなのに、夜になると夜泣きをし、あまり寝てくれない子ども達が本当に多いこと。

当然ながら親だけではなく、子どもにとっても睡眠不足は大きな問題です。

 

そこで今回は、考えられる夜泣きの原因の中で、「昼寝」を取り上げたいと思います。

夜の睡眠ももちろん大切ですが、昼寝も赤ちゃんには欠かせない大切な時間。

 

赤ちゃんは基本毎日昼寝をするわけですが、昼寝の時間帯や長さによっては夜の睡眠に影響を与えるのです。

それでは昼寝と夜泣きの関係について検証していきます。

 

昼寝の平均時間は?

 

夜泣きと昼寝の関係をお話しする前に、子供たちは一体一日何時間昼寝をしているのかを調べてみましょう。

ベネッセ次世代育成研究所 「第4回幼児の生活アンケート」 によると平均睡眠時間は以下の通り。

 

月齢 未就学児の平均昼寝時間 就学児の平均昼寝時間
1歳 1時間47分 2時間6分
2歳 1時間33分  2時間5分
3歳 45分 1時間51分

 

2歳までは就学時、未就学児共に2時間前後ですね、あくまでも目安ですが参考にしてみて下さい。

 

夜泣きの原因は昼寝長いから?夜泣きを助長するNGな昼寝とは?

 

昼寝は赤ちゃんにとって欠かすことのできない大切な時間ですが、昼寝の仕方によっては夜泣きに繋がってしまう可能性があるのです。

以下では夜泣きに繋がる可能性のあるNGな昼寝をご紹介していきます。

 

好きなだけ寝かせる

赤ちゃんの昼寝中に、溜まっている家事を一気にしたり、一休みするなどママにとって赤ちゃんの昼寝の時間はとても貴重な時間。

そうなるとできるだけ長く寝てもらいたいという気持ちになってしまいますね。

 

ただし、昼寝が長すぎてしまうと夜になかなか寝てくれないということになってしまいます。

1回の昼寝は長くても3時間を超えないように心掛け、適当なタイミングで赤ちゃんを起こすことが必要。

 

夕方に寝かせる

午後3時以降に寝てしまうと、睡眠時間がずれ、いつもより遅い時間帯でなければ赤ちゃんが眠くならなくなってしまいます。

外出などでお昼寝の時間が確保できなかった場合などは、3時以降でも15分~30分程度の短い時間お昼寝をさせることもアリです。

ただし、それ以上の昼寝は、夜の睡眠に影響を与える可能性が高いので避けましょう。

 

添い乳

添い乳をすると赤ちゃんはすんなり寝てくれるため、楽だと感じるでしょうが、お昼寝のたびに添い乳をして寝かしつけをしていると、添い乳をしなければ寝てくれなくなる可能性がある。

寝かしつけは添い乳に頼らず、他の方法でできるよう工夫したいですね。

 

夜と同じような環境で寝かせる

昼間に必要以上に暗く、静かな環境を作ってしまうことは、赤ちゃんの体内時計を乱すことにもつながりかねません。

昼夜の区別をはっきりと認識させるためにも、昼寝の時間は適度に明るいまま、そして多少物音がしても問題ないです。ママはいつも通りに過ごしましょう。

 

昼寝の適正な長さと時間帯とは?

お昼寝を長時間してしまう、またはお昼寝の時間帯が遅くなってしまうと、どうしても夜眠くなる時間が遅くなるという悪循環に陥ってしまう。

 

先ほどの章「夜泣きの原因は昼寝長いから?夜泣きを助長するNGな昼寝とは?」でも述べましたが、お昼寝時間の目安としては最大3時間くらいまで、時間帯については遅くとも午後3時ぐらいまでには起こしてあげたいですね。

 

赤ちゃんは眠いとグズってしまうので、寝かせてあげたい気持ちもあるかと思いますが、夜起きるのを防ぎ、ぐっすり眠ってもらうためにもここは我慢しましょう。

 

昼寝以外の夜泣きの原因は?

ここでは昼寝以外に考えられる主な夜泣きの原因をご紹介していきます。

睡眠のリズムを作る

夜泣きしない子にするには、早起きが必須。

実は朝早く起き、朝日をしっかり浴びることで、体の中のセロトニンを増やし、結果的にメラトニンと呼ばれる「眠りホルモン」を夜分泌させることができるのです。

 

メラトニンが分泌されれば分泌されるほど夜眠りやすい体になるので、赤ちゃんに夜ぐっすり寝てもらうためには、やはり早起きをし睡眠のリズムを整えることがとても大切。

 

不快の原因を取り除く!

夜泣きしない子にするには、眠り辛い不快な状態を取り除く必要があります。

不快な状態では私たち大人でさえ眠りにつくのは難しいですよね。であれば、当然赤ちゃんも快適な状態でなければ眠りづらい訳です。

 

主な不快な原因は以下の通りです。

オムツが汚れている

暑すぎるもしくは寒すぎる

生活音が気になる

部屋が明るい

ハウスダストやほこりによるくしゃみや鼻づまり

 

赤ちゃんが眠り辛そうだなとは感じた場合は、上記が夜泣きの原因ではないか確認してください!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

今までお伝えしてきました通り、昼寝の仕方によっては、赤ちゃんの夜泣きの原因になってしまう可能性があるのです。

 

特に昼寝の時間帯と長さについては気にするようにしましょう。

お子さんの夜泣きで苦しまれている方は、一度お子さんの昼寝の状況を再確認してみてはいかがでしょうか。

 

今回の記事が夜泣きで苦しむ方のお役に立てれば幸いです。

 

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 


子育て情報ランキング