自分の子どもと他人の子どもを比べることってありませんか?

比べてみてわかると思うのですが、赤ちゃんといえども性格や個性は人それぞれ異なるのです。

睡眠一つとっても、「夜泣きする子、しない子」「よく寝る子、あまり寝ない子」「すぐに起きる子、寝続ける子」など、タイプは様々。

 

でもなぜ生まれたばかりの赤ちゃんなのにこんなにも性格や個性が違うのでしょうか?

そもそも赤ちゃんの個性や性格が違う理由は遺伝によるもなのでしょうか?

 

それでは、赤ちゃんの個性や性格と遺伝、そして睡眠との関係について検証していきたいと思います。

 

赤ちゃんの個性や性格と遺伝との関係は?

 

まず初めにお伝えすることは、赤ちゃんは遺伝的な個性をしっかりと持って生まれてくるということ。

このことはトマスとチェスという2人の小児科医が、「赤ちゃんには生まれながらに色々な個性がある」ということを発見したのです。

 

トマスとチェスが、生後間もない赤ちゃん100人を対象に、赤ちゃんの気質を9つのカテゴリに分けた結果、赤ちゃんの気質には以下の3つのタイプがあるということがわかったのです。

 

*トマスとチェスの気質

気質 割合  性格

扱いやすい子

(Easy child)

 

40% 

生理的リズムや生活リズムが安定していて、新しいことにも積極的で、早くなれる。順応が早く、機嫌が良いことが多い。およそ40%の赤ちゃんがこのタイプになります。

扱いにくい子

(Difficult child)

 10% 生理的リズムや生活リズムが不規則で反応が強く、新しいことに対し回避的。順応が遅く、不機嫌なことが多い。およそ10%の赤ちゃんがこのタイプになります。

出だしの遅い子

(Slow to warm up child)

 15% 生活リズムは規則的であるが、新しいことに適応するのに時間がかかる。およそ15%の赤ちゃんがこのタイプに属します。

平均的な子

(Average child)

35% タイプに当てはまらず、それぞれの傾向をあわせ持つ。

 

気質は遺伝子から強く影響を受けていると言われ、生後3、4ヵ月頃には赤ちゃんの個性として現われてきます。

ただ、生まれ持った気質はあるものの、その後の経験、環境、人間関係の影響や赤ちゃん自身の意思で、性格は成長するごとに変わるとのこと。

 

赤ちゃんには生まれつきこのような気質があるということを知るだけでも、「この子はこういうタイプの子なんだ」というふうに思え、赤ちゃんの個性に合った子育てや対応がしやすくなるのではないでしょうか。

我が子の気質がどのタイプかぜひ確認してみて下さい!

 

よく寝る子・夜泣きする子は個性・遺伝によって決まる?

 

冒頭でもお話しした通り、「夜泣きする子、しない子」、「よく眠る子、あまり寝ない子」、「すぐに起きる子、寝続ける子」など、それぞれ眠りの個性をもった赤ちゃんがいる訳です。

睡眠については生まれてからの環境要因も大事ですが、生まれつき持ち合わせている赤ちゃんの気質や遺伝的要因も総合して成り立っています

 

例えばトマスとチェスの気質でいうところの「扱いにくい」タイプの赤ちゃんだった場合、環境の調整や変化に適応しづらく、改善するよう色々対策を取るもなかなか睡眠問題が改善されないという可能性も。

もし、お子さんがそのようなタイプであると考えられた場合は、睡眠問題に根気よく取り組まなければなりません。

 

必要な睡眠時間は赤ちゃんの個性による?

 

赤ちゃんの年齢別平均睡眠時間などが雑誌やインターネット上の情報にありますが、あくまでも目安であり、情報と自分の子の睡眠時間が一致しなくても心配する必要はありません。

赤ちゃんの眠りは日中の活動量や、体調、気候の変化、赤ちゃん自身の成長によっても日々変わってくるものですので、雑誌、インターネットの情報は参考程度にしておいてください。

 

大人でも数時間の睡眠で十分な人もいれば、8時間は寝ないと体がもたないという人がいるように、赤ちゃんの眠りにも個性があり、良く寝る子もいれば、あまり寝ない子もいる等必要な睡眠時間も様々ということ。

お昼寝や、全体の睡眠が足りているかどうかは、日中のご機嫌がどうか、元気に過ごせているかどうかで確認して判断しましょう。

 

日中に不機嫌なことが多い場合や、お昼寝も少ないのに夜も眠りが浅く夜泣きで起きるなどといった気になることがある場合には、要注意。その場合には、お昼寝を含め、生活リズム全体を見直してみましょう。

親としては子供にあった睡眠時間を知り、その睡眠時間を確保する環境や生活を整えていくことが大切。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

気質は遺伝子から強く影響を受けているため、良く寝る子や寝ない子、夜泣きする子、しない子といった個性も遺伝による影響が少なからずあるようです。

 

ただし、記事中にも書いた通り、環境や人間関係によって性格が変わることもありますので、夜泣きがひどい場合などは赤ちゃんの気質を理解した上で対策をしっかり取り、改善していく方向でアプローチしていきましょう。

 

 

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 


子育て情報ランキング