子育て中のママ、パパですが、その多くが大小かかわらず育児に関する悩みを抱えているのではないでしょうか。

そして多くの方の悩みの一つに完全母乳で育てるか否かという悩みがあります。

 

完全母乳が赤ちゃんのために良いというのは事実ですが、私達夫婦を含め粉ミルクも使用している家庭が多いのもまた事実。

粉ミルクを使うからには、当然粉ミルクのメリットがあるわけですが、その中には「粉ミルクの方が母乳に比べ、赤ちゃんが夜泣きしない」という話もあります。

 

夜泣きで悩まれている方からすれば、とても気になる話ですね。では本当にミルクの方が夜泣きを軽減できるかを検証していきたいと思います。

 

母乳のメリット・デメリットと粉ミルクのメリット・デメリット

 

母乳と粉ミルクのどちらが夜泣きしない体を作れるかを検証する前に、まずは母乳、粉ミルクのそれぞれのメリット・デメリットを比較していきます。

「完全母乳」で育てるのか、「完全ミルク」なのか、それとも「混合」で育てるのかを決める参考にしてみてはいかがでしょうか!

 

母乳のメリット

 

 母乳には、赤ちゃんの免疫力を高め、脳の成長に最も適した栄養素が含まれるおり、赤ちゃんにとって最高の栄養素

 母乳であれば消化が良く、栄養過多になることがないため、いつでも赤ちゃんが欲しがるタイミングであげられる。

 お腹が減って泣き出した場合、母乳だとすぐにあげられる。

 

母乳のデメリット

 母乳育児をするママは、薬やお酒を飲めない。赤ちゃんがアレルギーを持っている場合は食事に気を使わなければならない。

 夜中に何度もおっぱいをあげないといけなくなるとママが大変。また赤ちゃんもおっぱいをもらうのが癖になって頻繁に目を覚ますようになる恐れも。

 母乳だと授乳量が目では見えないためママも不安になりやすく、たとえ1時間おきであってもすぐに授乳してしまう場合がある。

 赤ちゃんを預けるのが難しい、外出先での授乳に気を使う。

 

ミルクのメリット

 粉ミルクの場合、種類やタイプも様々なものがあり、アレルギーをもっている赤ちゃんにも対応可能。

 母乳はママしかあげられないのに対し、粉ミルクであればパパにもあげることができる。パパが粉ミルクをあげることで、ママは体を休めることができる。

 ママが好きなものを食べることができる。

 月齢別の適量がわかるので、必要な分だけミルクをあげることができ、飲んだ分も記録できる。

 

 

月齢別のミルクの量ですが、下記の資料を参考にしてください。

 

赤ちゃんの目安授乳量1例 
※1例です。ミルク量は使用しているミルクメーカーの指示に従ってくださいね。

月齢 ミルクの量 一日の授乳回数
0〜半月 80ml 7〜8回
半月〜1ヶ月 120ml 6〜7回
1〜2ヶ月 160ml 6回
2〜3ヶ月 200ml 5回
3〜4ヶ月 200ml 5回
4〜5ヶ月 200〜220ml 5回
5〜6ヶ月 200〜220ml 4回+1離乳食
※ ミルクは離乳食後に
6〜9ヶ月 200〜220ml 3回+2離乳食
※ ミルクは離乳食後に
9〜12ヶ月 200〜220ml 2回+3離乳食
※ ミルクは離乳食後に
12ヶ月以降 離乳食をメインに、ミルクは補助的にあげます。
精神的に落ち着くミルクを2歳頃まで欲しがる子は少なくありません。ただしミルクは離乳食の後にあげましょう。

離乳食を問題なく食べられるようになったら食事から十分な栄養が取れますので、ミルクをフォローアップミルクに変更してもかまいません。(家計が助かります)
歯の生えるのが遅い子は離乳食の進みが遅くなりますが、慌てずにその子の成長ペースに合わせてあげてください。

資料引用元:ミルクの目安量と授乳回数

 

ミルクのデメリット

 母乳ほど栄養素のバランスがよくない

 育児用ミルクには母乳のような免疫物質が含まれておらず、赤ちゃんが細菌ウイルスなどに侵される危険性が高まる。

 購入費用がかかる。

 

夜泣きしない子にするには完全母乳がよい?それともミルク?

 

母乳と粉ミルクではどちらが夜泣きしないかというお話ですが、完全母乳に比べ、粉ミルクの方が赤ちゃんが夜泣きしない子になると言われています。そしてその根拠につきましては以下の通りです。

 

・母乳は消化が早く、ミルクは腹持ちがよい。

 ミルクの方がお腹が減って起きることが少ない。

・母乳の場合は、ミルクに比べ飲むのに労力がかかる。

 母乳を飲んでいる途中で疲れて寝てしまうことがあるため、お腹が減って途中で起きる可能性がある。

 

粉ミルクの方が腹持ちが良かったりしますし、飲むのに労力がかからないため、最後まで飲み切ることが容易。

そのため、粉ミルクを飲んだ赤ちゃんの方が夜中にお腹が減ることが少なく、長く寝てくれるというわけです。

 

ただし、安全母乳の赤ちゃんでも、しっかりと長い時間眠ってくれる赤ちゃんがたくさんいることもお忘れなく。

赤ちゃんのために完全母乳で育てたい方もいらっしゃると思いますが、夜泣きによる寝不足で苦しんでいるようであれば、夜間のみミルクに置き換えるのも一つの手ですね。

 

まとめ

 

今回は完全母乳育児・ミルク育児と夜泣きの関係についてお伝えしていきました。

結論から言えば、夜泣きしない体を作るのは、母乳よりも粉ミルクということになります。

 

ただし、完全母乳育児でも夜泣きしない子はいますので、夜泣き対策のためにわざわざ粉ミルクに変える必要はないということです。

夜泣きは辛いが、完全母乳での育児を希望したいとのことでしたら夜泣きしない子にするにはどうすれば?夜泣きしない方法7選!を参考にし、夜泣きの対策を取ってみて下さいね。

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 

子育て情報ランキング