夜泣きが治らない。」「夜泣きがまだ終わらない。

夜泣きで苦しんでいる人ほど、早く夜泣きが終わってほしいと焦ったり、イライラしてしまうものです。

 

夜泣きが早く終わってほしいとは誰もが願うことですが、個人差があるため、終わる時期は誰にもわかりません。 

終わる時期がわからないが故に、さらに夜泣きに対してイライラするするわけですが、そもそもイライラすることって一つもメリットがありませんよね?

 

あるのは赤ちゃんや他人に対して攻撃的になるという負の面ばかり。

赤ちゃんが生まれる前に想像していた幸せな家庭生活に近づけたいのであれば、すぐにでもイライラする感情を取り除きましょう。

 

でもどうすればイライラしなくなるのでしょうか。

今回はとっておきの方法をお伝えしていきます!

 

いつまでたっても夜泣きが治らない。

 

「いつまでたっても夜泣きが治らない。。」

楽しいことはすぐに終わるのに、嫌なことってなぜか長く感じてしまいますよね。思わず泳げないので苦痛だった夏の水泳の授業を思い出してしまいました。 笑

 

では感覚的な話ではなく、一般的な夜泣きの長さについて把握しておきましょう。

それによって自分の子の夜泣きが長いのか短いのかの目安になるはずです。

 

いつ夜泣きは終わるもの?

では一般的に赤ちゃんの夜泣きはいつまで続くものなのでしょうか。

参考までにウィキペディアでは、夜泣きが終わる時期の目安を1歳半としています。

 

夜泣き(よなき)は、赤ん坊幼児が、夜間睡眠中に目を覚まし激しく泣くこと。中でも特にはっきりした原因がない場合を指すことが一般的である。生後6か月から1歳半くらいに多く見られる。

                                

                                引用: ウィキペディア

 

夜泣きの終わる時期についても個人差があるので一概にいえませんが、ネットなどでは1歳半から2歳という答えが比較的多いようです。

 

夜泣きの治療は必要ない?

夜泣きについては、多くの場合治療を必要としません

不快な状況を取り除き、眠りやすい環境を作り、心のケアをしていくと、自然に治っていくケースがほとんどです。

 

ただ、あまりにも夜泣きする時間が長かったり、長期間になると家族も辛いですし、無視して寝てしまうことも難しい。

夜泣きで家族が疲れてしまっていたり、夜泣きの他にも気になることがある場合は小児科で相談してみてください。

 

また、以下の記事でも夜泣き対策について書いていますので参考にしてみて下さい。

 

イライラしないための方法とは?

 

辛い夜泣きでイライラすることはある意味当然のことである。

ただその一方で、誰もが自分の赤ちゃんや子どもに対しイライラしたくない訳です。

 

いつまでも寝ない赤ちゃんや夜泣きがひどい我が子に対し、どうすればイライラしなくなるのか、いくつかの解消法をお伝えします。

 

イライラの原因は寝不足?

人は寝ることによって体の様々な部分を回復させることができます。

当然脳も同じわけで、日中働きつづけた疲れを睡眠時間を使って回復しようとします、ただし寝不足だと回復することができない。

 

寝不足になるとどうなるかというと、以下の問題が発生します。

・感情をコントロールする偏桃体という部分が、十分に機能されなくなり、ささいなことでもイライラしてしまう。
・寝ている間に分泌される成長ホルモンは本来体全体の回復を助けてくれるのですが、睡眠不足ではうまく分泌されないため疲れが残ってしまう。

 

つまり、自分が未熟な人間だから赤ちゃんにイライラしてしまうのではなく、そもそも寝不足だと人間の体はイライラしやすくなるものなのです。

夜泣きの時期は睡眠不足に陥りがちですが、家族の協力を得るなどして睡眠時間を確保しましょう!

 

「寝てほしい」と期待してしまう

少しでも早く自分が寝たいという気持ちの焦りから、夜泣きをしているわが子を寝かせようと必至になるわけです。

必至になって寝かそうとするのはいいのですが、必死であやしたからといってすぐには寝てくれないケースが多い。

 

なかなか寝てくれない状況が続くと、だんだんわが子が「言うことを聞かない、寝てくれない悪い子」に思えてきます。

そうなってしまうと、イライラして怒ってしまったり、辛くあたってしまうことも。

 

ただ、あなたは「夜泣きは仕方ない」「わざと泣いてるわけではない」「子ども達自身も眠たいのに寝れず辛い思いをしている」こともわかってるはずです。

であれば、今ままで「早く寝てほしい」と思っていた気持ちを「寝たいのに、寝れなくて辛いよね」という気持ちに変え、夜泣きの子どもに接してみてください。

 

考え方を変えることによって、夜泣きに対する自分自身の反応が変わってくるはずです。

 

まとめ

 

夜泣きを経験すれば、夜泣き対応がいかにストレスが溜まる大変な作業であるかわかるはずです。

そして実際、なにも対策をとらずに夜泣きをひたすら我慢していた真面目な方々が何人もノイローゼになっています

 

今回の記事で紹介しましたイライラ対処法は、家族の協力が必要になる部分があるとはいえ、比較的簡単に取り組むことが可能です。

もし、イライラが止まらないということであれば、すぐにでも実践してください!後回しにしてしまい、ノイローゼになってしまったでは本当に遅すぎるのです!

 

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 

子育て情報ランキング