自分の子供って本当にかわいいですよね!

すべての行動がかわいいので、気づいたら子供の写真と動画がノートパソコンに何百枚と保存されていました 笑 

 

そんなかわいい子供に対して一つだけお願いしたいことがあるとすれば「お願いだから夜泣きを止めて」ということ。本当にそれだけです。

夜泣きは本当につらく、夜泣き対応中に無意識に「疲れた…」と呟いたことが、何度あっただろうか。

 

そして、夜泣きで一番辛いことといえば何かというと、「大好きなはずの我が子」に対し、イライラしてしまうこと

「赤ちゃんが夜泣きをすることは、何も不思議なことではない」と頭では分かったつもりでも、実際に夜泣きが始まりなかなか寝ないとイライラしてしまう。

 

出来ることならば夜泣きで疲れたり、赤ちゃんにイライラしたくないですよね?

そこで今回は、寝不足だと子供にイライラしてしまう理由と、子供の夜泣きに疲れた時にすべきことを書いていきたいと思います。

 

寝不足だとなぜ子供にイライラしてしまうのか?

 

冒頭でもお話ししましたが、夜泣き対応中に子供にイライラしてしまうことってありますよね?

「なんで寝ないんだ」、「また寝不足だよ」、「もう疲れた…」という感じで。

 

でも、子供が寝たあと決まって「あーなんて自分は小さい人間なんだ」と自己嫌悪に陥ったり、「イライラしてごめんね」と赤ちゃんに謝ったりする親が多いのです。

つまり赤ちゃんに対しイライラした自分を最終的には責めるのです。

 

ただ、イライラした理由は本当に自身の内面の問題だけなのでしょうか。

以下でイライラの原因について解説していきます。

 

イライラの原因は寝不足?

人は寝ることによって体の様々な部分を回復させることができます。

当然脳も同じわけで、日中働きつづけた疲れを睡眠時間を使って回復しようとします、ただし寝不足だとこれができない。

 

寝不足になるとどうなるかというと、以下の問題が発生します。

・感情をコントロールする偏桃体という部分が、十分に機能されなくなり、ささいなことでもイライラしてしまう。
寝ている間に分泌される成長ホルモンは本来体全体の回復を助けてくれるのですが、睡眠不足ではうまく分泌されないため疲れが残ってしまう。

 

つまり、自分が未熟な人間だから赤ちゃんにイライラしてしまうのではなく、そもそも寝不足だと人間の体はイライラしやすくなるものなのです。

ですので、睡眠不足解消のためにも、イライラ解消のためにも以下の方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

・昼夜問わず、赤ちゃんが寝ている間はできるだけママ(パパ)も睡眠をとること。

イライラするということは体や脳が悲鳴をあげている状態です。まずは自分の体と気力を取り戻しましょう。

 

・パパ(ママ)が休みの日、他の家族に預けれる日には、赤ちゃんを見てもらって、1人で外出したり、ゆっくり寝かせてもらう。

 身内に頼むことが難しいようであれば、一時保育などのサービスもぜひ活用してください。

 

・夜泣きの対応の日を交代制にする。

まだまだママ一人で夜泣き対応をしている家庭が多いかと思います。パパも同じ子供の親なのですから、責任分担はするべき。

もし旦那さんの仕事が夜勤など、どうしても夜泣き対応が自分にしかできないという場合は、せめて日中の育児や家事を代わってもらうか、一時保育を定期的に利用することを検討してみて下さい。

 

子供の夜泣きに疲れた、辛いと感じた時にすべき行動

 

夜泣対応は精神的にも肉体的にも大きな負荷がかかるので、「夜泣きに疲れた、辛い」と感じたら無理をしないことが大切。

その状態を我慢し続けると最悪の場合、ノイローゼにもなりかねないのです。

 

それでは夜泣きに対し、「疲れた、辛い」と感じたらどうすべきなのでしょうか。

以下でやるべき2つのことをお伝えします!

 

悩みを相談する

育児の不安や悩みを抱えている場合は、すぐに旦那さんや家族、友人などに悩みを聞いてもらうこと!

もし相談相手がいない場合は、子育て支援センターが各地域にありますので訪ねてみてはどうでしょうか。

 

他の親御さんや子育て支援センターのスタッフさん達と子育ての大変さや夜泣きのツラさを語り合うことで、確実に気持ちが楽になります。

また保健センターなどの専門機関でも相談に乗ってもらえますので、些細な悩みであっても、相談されることをおススメします!

 

休息の時間をつくる

心も体も疲れてしまった場合、まずは体調を整えることがなによりも先決。

とはいえ、変わらず子どものそばにいては、いつまでたっても心も体も休まりません。

 

ですので旦那さんなど他の家族に夜泣きの対応を代わってもらうなどし、睡眠の時間をしっかり確保しましょう。

ひとつはっきり言えることは、自分一人で、子育てをしていては身がもたないということ。

 

家族は間違いなく心に余裕を持ったあなたと接したいと思うはずです、ですので自分の為ひいては家族の為にも心と体を休める時間を作ってあげてください。

 

まとめ

 

今回は「子供の夜泣きに疲れた。寝不足でイライラしたときにするべきこと!」のテーマでしたが、重要なことは「睡眠をしっかりとること」であるということが分かりましたね。

夜泣きのせいで寝不足になるわけですが、夜泣きの頻度を減らすためには、しっかり睡眠時間を確保し、寝て、イライラしない体を作らなければいけません。まずは記事の中でお伝えした方法を試していただければ幸いです。

 

もし記事内の方法を試してみてもイライラが止まらず疲れが取れない場合は、「すやねむカモミール」という夜泣きグッズを利用してはいかがでしょうか?

「すやねむカモミール」は子供の夜泣き対策用ハーブティーなのですが、ママのリラックスティーとしても利用可能。

 

返金保証もついているようなので、悩まれているようでしたら一度購入し試してみてはいかがでしょうか。

辛い夜泣きとの日々にサヨナラし、笑顔の子育てを体験してみましょう!

公式サイト: 赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー【すやねむカモミール】

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 


子育て情報ランキング