お子さんをお持ちの方々にとって避けられない「夜泣き」という恐怖のイベント。

僕ら眠るのが好きな夫婦にとって、睡眠は何事にも代えがたい至福のとき。

 

その至福の時間が夜泣きによっては満足にとれないのです 泣

夜泣きはしかたのないことだと頭の中でわかっていても、正直とてーもうるさいのでイライラします。

 

またうるさくなければ赤ちゃんのSOSを大人が見逃してしまう可能性があるので、夜泣きが「うるさい」ことはしかたのないことだということももわかる。

もっと言えば自分が小さい時に散々夜泣きしているのだから、自分の子どもの夜泣きぐらいイライラするなよっという話ですよね。

 

そこで、イライラを鎮める方法はないかと、赤ちゃんの夜泣きの原因や期間、解決法について考えてみることにしました。

 

夜泣きはいつから始まりいつ終わる?

 

改めて夜泣きっていつ始まりいつ終わるのかを調べてみました。

まずはいつも頼りになります「ウィキペディアさん」の見解を見てみましょう。

 

夜泣き(よなき)は、赤ん坊幼児が、夜間睡眠中に目を覚まし激しく泣くこと。中でも特にはっきりした原因がない場合を指すことが一般的である。生後6か月から1歳半くらいに多く見られる。

                                

                                出典: ウィキペディア

 

ウィキペディアでは夜泣き期間は生後6ヶ月から1歳半くらいまでとなっている。

その他のサイトなどの情報を加味すると、一般的には生後3~6ヶ月で夜泣きがスタートし、1歳半から2歳頃で夜泣きが落ち着くようです。

 

終わりの時期がなんとなくわかると、うるさいそして辛い夜泣きに対するイライラも少しは治まるはず。

人間にとっては終わりが見えない状態が一番辛いのです。

 

夜泣きがうるさい!イライラする! 夜泣きの原因って一体なに?

 

うるさい!そしてイライラする夜泣きですが、夜泣きの原因を把握することで夜泣き対策が上手くとれるかもしれないと考えました。

しかし残念ながら、夜泣きの原因は解明されていないのです。

 

夜泣きは脳が成長するために欠かせないもののひとつで、自然とよくなることからそこまで深刻に考えなくても大丈夫だともいわれている。

ただ、問題ないといわれても、わが子がどのような原因で夜泣きをしているかは知りたいですよね。

 

ですので新生児、赤ちゃん(1歳まで)、幼児(1~2歳)と年齢別に夜泣きの原因になるといわれているものを表にしてみました。

 

月齢 原因
新生児 ・昼夜の感覚がない・不安感
新生児~1歳 ・昼夜の感覚がまだ完全ではない。
・日中の刺激 ・ストレス・朝寝坊 ・昼寝のし過ぎ ・不安感
1~2歳 ・日中の刺激 ・ストレス ・朝寝坊・昼寝のし過ぎ ・エネルギーが余っている ・夢の影響 ・赤ちゃん返り・夜驚症

あくまでも参考ですが、上記のような原因で夜泣きすると考えられているのです。

 

夜泣きに解決法はある?

 

世のママ(時々パパ)はストレスが溜まり夜泣きにイライラすることも多いと思います。

完全に夜泣きを止める術はないかもしれませんが、以下の方法を試し、少しでも夜泣きの頻度が減る、夜泣きが楽になれば幸いです。

 

夜泣き解消法(新生児)

  • 安心感を与える

外の世界へでてきたばかりの赤ちゃんは、外の世界のことがまだよくわからないこともあって、一人では不安で落ちつかないことがよくあるとのこと。

ママ(パパ)が近くにいないことでいきなり不安を感じてしまうため、長時間なかなか落ち着いて寝ないときは、抱っこしたりスキンシップをしたり、安心感を与えてあげましょう。

 

  • 室温や温度が合わない

部屋の温度が適温でないため赤ちゃんは泣いて寝ないのかもしれません。

ちなみに赤ちゃんは我々大人が思っている以上に体温が高く、汗っかきなので、その時期に合わせて適切な温度で過ごせるように、着る服や肌着を考えることも必要。

 

夜泣き解消法(新生児~1歳)

  • 生活リズムを整える

朝早く起き、朝日をしっかり浴びることによって、体の中のセロトニンを増やし、ひいてはメラトニンと呼ばれる「眠りホルモン」を夜分泌させることができる。

メラトニンが分泌されれば分泌されるほど眠りやすい体になるので、生活リズムが乱れている場合は、まず生活リズムを整えることをおススメします。

 

  • お昼寝時間の調整

「夜寝ない」、「夜中に頻繁に起きる」原因として考えられるのが、昼間や夕方に、長時間お昼寝をしてしまうことが挙げられる。

お昼寝時間の目安としては最大3時間くらいまで、時間帯については遅くとも午後3時ぐらいまでには起こしてあげること。

 

  • ミルクを与え赤ちゃんを満腹にしておく

ミルクをしっかり与え満腹にすることによって、夜中に空腹で起きるリスクが少なくなります。

ちなみにミルクは母乳に比べ腹持ちが良いのです。

 

夜泣き解消法(1歳から2歳)

  • 寝るまでのルーティンを決める

赤ちゃんに「寝る時間ですよ。」と直接話しかけても当然通じませんが、赤ちゃんに1日の生活の流れと「寝るタイミング」を覚えさせることはできるのです。

大切なことは、昼間は活発に活動し、夜は寝る、という生活リズムを赤ちゃんの頭と体に覚えこませ、習慣化すること。

 

  • 夜泣き対策グッズを使う

抱っこ紐のスリングやゆらゆら揺れるバウンサーは、赤ちゃんに心地よい揺れを与えることができ、赤ちゃんが眠りやすい状況を作ることができるアイテム。

その他にもすやすや眠る用のアロマや、夜泣き用のハーブティーなどの夜泣き対策グッズも売っていますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

夜泣きは本当にうるさいのでイライラすることはありますが、ベースにある我が子に対する愛情は変わらないのです。

 

夜泣きの期間ならびに原因、解決法をいくつかご紹介しましたので、夜泣きへの理解が少しでも深まり、イライラした気持ちの解消に少しでも貢献できれば幸いです。

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 


子育て情報ランキング