「夜の寝かしつけ」…それは1日の育児の中の最後にして最大のイベントです。このイベントをすんなりクリアできるかどうかによって、その日一日がどんな日であったかの印象が変わってきます。

 

「夜の寝かしつけ」についてもママが中心となってやっている家庭が多いと思いますが、「今日は俺が寝かしつけるぞ」と突然パパが寝かしつけを申し出ることがも時々あると思います。

 

ただし、そんなパパのやる気とは裏腹に赤ちゃんはママを恋しがり大泣き、結局赤ちゃんはママのもとへ帰っていく。

赤ちゃんは、なぜパパと一緒では寝てくれないのでしょう?なぜ赤ちゃんはパパが抱っこしても泣き止まないことが多いのでしょう?

 

実はパパが寝かしつけをするためには、ちょっとしたコツが必要なのです。

心身共に疲労困憊のママの負担を軽くするためにも、パパが寝かしつけの戦力にならなければなりません。ぜひパパには寝かしつけのコツを覚えていただきましょう!

 

【夜泣き】パパでは泣き止まない?なぜママじゃないと泣き止まない。

 

「赤ちゃんがパパを見ると泣いてしまう」、「パパになついてくれない」、「夜泣き中いくらパパが抱っこしても泣き止まない」といった相談は、ネットの中に溢れかえっています。

赤ちゃんは、どうしてパパではなくママじゃないと泣き止まないのでしょうか、そしてまた安心できないのでしょうか

 

パパ見知り

生まれる前から母親と一緒だった赤ちゃんは、ママに抱っこされて育ち、母乳を飲み、ほぼ24時間ママと一緒に過ごします。それに対して、パパは外にでて仕事をしているケースが多く、ママに比べて一緒に過ごす時間が圧倒的に短い。

 

中でも仕事で忙しいパパの場合、朝は早くから夜は遅くまで家にいない為、「最近赤ちゃんの寝顔しか見ていないなぁ」なんていうこともありえますよね。そのような状況であれば、赤ちゃんがパパに懐かないのも無理はありません。

 

ちなみに赤ちゃんの人見知り(パパ見知り)は、生後4ヶ月あたりから始まるとのこと。

普段赤ちゃんのお世話をする時間がない、赤ちゃんとじっくり触れ合う時間がないパパほど、当然ながらこのパパ見知りで赤ちゃんに泣かれてしまうのです。

 

ママは信頼している

赤ちゃんは、一緒に過ごす時間が長く、自分の欲求(お腹が空いた、オムツが濡れた、眠いなど)を満たしてくれるママだからこそ、安心して自分の体を預けられるのです。

普段あまり関わりのないパパが一緒に寝かしつけようとしても、赤ちゃんはますます不安になり、緊張して泣いてしまうということ。

 

パパの寝かせ方が上手くない

普段から育児に割く時間が少ないパパは、ママに比べて手間取ったり、もたつくケースが多いのです。

赤ちゃんが夜泣きの時期は、寝かせ方が下手だと、どんどん泣き方も激しくなりますし、赤ちゃんが興奮してしまい寝かせることが難しくなります。

 

また毎日の育児で疲れているママとしては、夜はできるだけスムーズに寝かせたい為、パパが手間取るようであれば、早々にパパの寝かしつけを諦めて自分で寝かしつけを行ってしまうことも。そうなってしまうといつまでたってもパパの寝かしつけスキルは上がっていかないのです。

 

【夜泣き】パパが赤ちゃんを泣き止ませる方法

 

パパが夜赤ちゃんを寝かしつける方法、夜泣き中に泣き止ませる方法は、仕事が休みの日は、ママが授乳するとき以外一日中赤ちゃんと接する機会を作り、とにかくスキンシップやコミュニケーションを取ることです。

 

一日中一緒にいることで、赤ちゃんが自然と懐いてきますし、オムツ換えをしたり、お風呂に入れたり、テレビをを見たり、グズグズをあやしてみたりと同じ時間を共有することでパパと赤ちゃんとの親子の絆が生まれてきます。

 

生まれる前から何ヶ月も一緒だったママと赤ちゃんとは違い、パパは赤ちゃんが生まれてからの関わりがすべて。パパが急に寝かしつけだけをしようと思っても、やはり無理な話。赤ちゃんに大好きになってもらい、ママと同じくらい安心感を感じてもらうためには、ひたすら赤ちゃんに関わっていくしかないのです。

 

まとめ

 

パパがなぜ夜の寝かしつけが苦手で、夜泣き中泣き止まないのかの原因と対策についてお伝えしていきました。

お伝えした通り、赤ちゃんがパパの事を大好きになれば上手く寝かしつけることは可能。パパは赤ちゃんと過ごす時間が元々少ないわけですが、その少ない時間の中でパパが関われる場面を増やしていければ問題ありません。

 

パパが遊んであげたり、赤ちゃんをお風呂に入れてあげたりする事で、赤ちゃんはパパと一緒にいることが「楽しい」、「気持ちいい」と理解できるようになり、赤ちゃんの中で少しずつパパへの信頼が築かれ、パパの事が大好きになっていきます。

 

普段満足に遊べなくても、毎日少しずつ関わっていくことでパパ見知りもなくなっていきますし、そして何よりママの負担も軽減されます。パパもくじけず積極的に育児に関わって頂きましょう!

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 


子育て情報ランキング