「泣くことは赤ちゃんの仕事」とは理解しつつも、頭では分かっていても、夜に泣かれるとやっぱり辛い!そして悲しいことにその辛い気持ちが、いつの間にか赤ちゃんに対するイライラとなってしまうのです。

 

我が子を嫌いになりそうな気持を必死で抑え、どうすれば上手く夜泣き対応をできるか悩まれてる方も多いのではないでしょうか。

事実、夜泣きによる寝不足やストレスがイライラを招くことになるので、夜泣きが続く限り赤ちゃんに対してイライラすることはある意味仕方のないことなのです。

 

ただ、そうはいってもイライラは自分の内の中の感情から来るものなので、「やはり自分が未熟だから」とか、「まだまだ親としての自覚が足りない」と自分を責めたりはしてはいませんか?

気持ちはわかります!私も夜泣きで苦しみ、子どもに対してイライラするたびに「自分は父親失格ではないか」と何度も思いました。

 

でも待ってください!親御さん、特にお母さんは普段から本当に忙しく、家事に育児に、そして人によっては仕事もこなしています。

であれば、自分を褒めることはあっても、自分を責める必要は絶対にないはず!

 

自分を責める原因もイライラなのです。自分を肯定する気持ちを持つためにもイライラを減らす方法をお伝えしていきます!

 

夜泣きのストレスでイライラ!夜泣きの原因とは?

 

まずはストレス・イライラの原因である夜泣きですが、夜泣きを解決すればそもそも夜泣きで苦しまないとおもいますよね。でも残念ながら、夜泣きの原因は解明されていないのです。(悲)

 

脳が成長するために欠かせない、自然とよくなる、とのことで夜泣きは問題視しなくても大丈夫だといわれています。問題ないといわれても、夜泣きをしているわが子のことが気になってしまう。

そこで夜泣きの原因となる表を作成してみました。

月齢 原因
新生児 ・昼夜の感覚がない・不安感
新生児~1歳 ・昼夜の感覚がまだ完全ではない。
・日中の刺激 ・ストレス・朝寝坊 ・昼寝のし過ぎ ・不安感
1~2歳 ・日中の刺激 ・ストレス ・朝寝坊・昼寝のし過ぎ ・エネルギーが余っている ・夢の影響 ・赤ちゃん返り・夜驚症

あくまでも目安ですが、参考になれば幸いです!

 

イライラしない方法が知りたい!

 

夜泣きの原因について書いていきましたが、本題のストレス・イライラについてです。イライラを制することができれば、夜泣き対応も確実に楽になるはず。

イライラしないための大切なことを以下でお伝えしていきます!

 

寝不足を解消する

人は日中働きつづけた疲れを、睡眠時間を使って回復しようとします。ただ、寝不足の場合、体だけではなく脳も回復することができません。

寝不足になるとどうなるかというと、感情をコントロールする偏桃体という部分が、十分に機能されなくなり、ささいなことでもイライラしてしまう。

 

つまり、寝不足を解消することでイライラの感情をコントロールできるようになるわけです。

寝不足解消法については【寝不足】夜泣き対応で体調不良に…イライラも止まらない! が参考になるかと思いますので是非チェックしてみて下さい!

 

夜泣き以外のストレスを減らそう

散歩をしたり、公園に行くなどして、外の空気を吸って気分転換をしましょう。子どもだけでなく、ママも家の中だけで過ごしていては運動不足になったり、ストレスが溜まってしまいます。

 

また、早寝早起きや食事の時間、お昼寝の時間などを決めるのも、ストレス発散法のひとつ。ただ、「絶対に時間通りで」と思うと、子どもも親も逆にストレスになってしまいますので、時には成り行きに任せることも大切です。

 

寝かしつけグッズを利用する

そもそも「赤ちゃんが夜泣きをしなければ」、「寝かしつけに苦労しなければく」イライラすることもないのです。であれば夜泣きグッズを利用してみるのも一つの手ではないでしょうか。

 

例えば、抱っこ紐のスリングやゆらゆら揺れるバウンサーは、赤ちゃんに心地よい揺れを与えることができ、赤ちゃんが眠りやすい状況を作ることができるアイテム。これらの寝かしつけグッズは、評判もよく実際に私たち夫婦も利用し、効果を発揮しました。

 

悩みを自分一人でため込まない

夜泣きや育児の悩みを自分一人でため込んでいる場合は、すぐに旦那さんや家族、友人などに悩みを聞いてもらうべき!もし相談相手がいない場合は、子育て支援センターが各地域にありますので訪ねてみてはどうでしょうか。

 

他の親御さんやスタッフさん達と子育ての大変さや夜泣きのツラさを語り合うことで、確実に気持ちが楽になり、イライラの感情が軽減されますよ。

また保健センターなどの専門機関でも相談に乗ってもらえますので、些細な悩みであっても、相談されることをおススメします!

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

ご説明した通り夜泣き対応をしている限り、ストレス・イライラは大きな悩みとなり続けます。

夜泣きを止めることが簡単ではないのであれば、やらなければいけないことはストレス・イライラを減らすこと。

 

是非紹介しましたイライラ解消方を試してみてください。

ただし、イライラを解消するためには、周りの協力が不可欠です。自分一人ですべてをこなそうとはせず、周りを巻き込みこの辛い状況を乗り越えていきましょう!

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 

子育て情報ランキング