夜泣きとは、生後6ヶ月ぐらいから、1歳半くらいまでの赤ちゃんや幼い子どもが、これといった理由もなく泣くことを指していわれます。

しかし、実際には各々の赤ちゃんによって夜泣きの時期は異なり、生後3ヶ月頃から夜泣きが始まる子もいれば、2歳を過ぎても泣く子、また反対にまったく夜泣きがない子や1歳を過ぎてから夜泣きが始まる子など、さまざま。

 

多くのママたちが悩まされてきたにも関わらず、夜泣きの原因は、未だはっきりとは解明されていません。理由がわからないものの対応をするほど辛いものはありませんので、「夜泣きが嫌い」となるのも無理はないのです。

 

けれど、多くのママたちの経験から、さまざまな対処法が生み出されていますので、あなたの赤ちゃんや子どもに合う方法も、きっとあるはずです。

 

夜泣きが嫌い!うるさいので子どもに怒ってしまう自分に自己嫌悪。

 

「うるさいし、夜中急に起こされるので夜泣きが嫌い」と思うママやパパは当然多い。

夜泣きが嫌いな一番の理由は夜満足に寝ることができず、睡眠不足に陥ってしまうことだと思いますが、それと同じぐらい夜泣きしている子どもにイライラし、子どもに怒ってしまう自分への苛立ちがあるのではないでしょうか。

 

ちなみにですが、睡眠不足に陥いると、感情のコントロールが効かなくなるので、夜泣き中にイライラしてしまうことはある意味仕方のないことなのです。睡眠不足と感情の関係性については 赤ちゃんの夜泣きにもう疲れた!イライラが止まらない場合の対処法で書いてみたので合わせて読んでみて下さい!

 

幼い子どもや赤ちゃんは夜泣きをするもの

 

実は夜中に赤ちゃんが起きるというのは当然のことで、夜に起きるということは正常に発達をしている証拠。

大人も基本的には夜中に継続的に寝ているように思いますが、実際はいつでも起きられるように体の準備が出来ているのです。

 

レム睡眠(浅い眠り)、ノンレム睡眠(深い眠り)という眠りの波が人間にある理由はというと、深い眠りのままでは夜中に何か危険な事が起こったとしても、気付かずにずっと眠ったまま…ということを防ぐため。

そういったことがないようにいつでも危険を察知して起きれるようにするため、レム睡眠、ノンレム睡眠を繰り返すよう体ができているのです。

 

赤ちゃんや幼い子どもも同じように、波のリズムを使って起きられるように体の準備はできているのですが、大人に比べ身の危険が多い為、赤ちゃんの眠りは大人に比べて浅く、波の間隔も短いのです。

 

夜泣きの対処法

 

子どもの夜泣きが嫌いというママやパパは、必要な夜泣き対処法をまだ試されていない可能性もあるのではないでしょうか。

辛い夜泣きの頻度を少しでも少なくするために、以下の夜泣き対処法をお伝えしていきます。

 

すぐに抱っこしない

夜中に子どもが泣き声をあげると、すぐにオムツを替えたりミルクをあげたり、抱っこしてあげたりしてはいませんか?

大人と違い赤ちゃんは、レム睡眠(浅い眠り)の時にも、身体がなぜかバンバンと動いたり、泣き出したりすることがあるとのこと。

 

つまり、赤ちゃんが動いたり、大声で泣いたりしていても、起きているのではなくて、浅い眠りで、寝たままの状態なのかもしれないのです。

夜中に赤ちゃんがちょっとでも泣いてしまうと、すぐミルクをあげたり、電気をつけたり、抱っこをすることは、赤ちゃんに“浅い眠りになるたびに、起きる”というしつけをしているようなもの。

 

夜中赤ちゃんが泣く行為にあまり過敏に反応しないようしていれば、それ以降ひどい夜泣きに繋がらないとも言われています。夜中に泣き出しても、まずはそっと見守りましょう。

 

早寝早起き

日本の乳幼児は、ヨーロッパと比べ夜更かしをしている割合が高く、就寝時間が10時以降になることも多いとのこと。

朝になると目を覚まし、夜になると眠くなる「リズム」を作り出す体内時計は、2歳ごろまでに出来上がるとされるのですが、体内時計を形成するために必要なこととは、早寝早起きをすることなのです。

 

昔と違って今は夜になっても部屋の中は明るい。夜遅くまで明るい部屋にいると、赤ちゃんはいつが夜で昼なのかが分からなくなり、体内時計がうまく機能せず、“時差ボケ”のような状態になってしまうという。

 

朝昼は明るくにぎやか、夜は暗くて静かという環境を作り出し、赤ちゃんの時差ボケを解消してあげましょう!

 

まとめ

 

毎日の家事や育児に大忙しのママにとって、大切な疲れを癒す睡眠時間はとても貴重なのです。にもかかわらず、夜泣きによって大切な睡眠時間が奪われるため、親が夜泣きを嫌いになるのある意味仕方のないこと。

 

苦しい夜泣きの日々の中でも忘れてはいけないことは、ママ自身の心身の健康です。パパや周囲の人の助けを借りて、ストレスを発散しながら過ごしてください。

 

夜泣きをする年齢は赤ちゃんによってさまざまですが、いつか必ず終わりがきます。

いろいろな方法を試してみながら、そのいつかを心待ちにする、そして赤ちゃんの成長する姿を楽しみながら、この時期を乗り切りましょう!

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 

子育て情報ランキング