毎日の夜泣き対応を一人で行っているママの本音は、「パパにも夜泣き対応に参加してもらいたい」ではないでしょうか。

「でも、パパじゃ子どもは泣き止まないから結局自分一人で。」と悩まれているそんなママへ朗報です。

 

実はパパでも子どもが泣き止む方法はあり、それはちょっとした毎日の積み重ねなのです。

 

当たり前ですが、パパもママと同じように子どもの親。ぜひともパパには子どもが泣き止む方法を覚えていただきましょう!

 

【夜泣き】なぜママじゃないと泣き止まないのか?

 

「パパになついてくれない」、「夜泣き中いくらパパが抱っこしても泣き止まない」、「赤ちゃんがパパを見ると泣く」といった類の悩みはネット中に溢れかえっています。

ママの負担を減らす為にもパパでも赤ちゃんが泣き止むようにしなければなりません。そのためにもまず、どうしてパパではなくママじゃないと泣き止まないのかを検証していきましょう。

 

ママのことを信頼している

赤ちゃんは、一緒に過ごす時間が長く、自分の欲求(お腹が空いた、オムツが濡れた、眠いなど)を満たしてくれるママだからこそ、安心して自分の体を預けられるのです

普段あまり関わりのないパパが一緒に寝かしつけようとしても、赤ちゃんはますます不安になり、緊張して泣いてしまうということ。

 

パパの寝かせ方が下手なため

普段から育児に割く時間が少ないパパは、ママに比べて手間取ったり、もたつくケースが多いのです。

赤ちゃんが夜泣きの時期は、寝かせ方が下手だと、どんどん泣き方も激しくなりますし、赤ちゃんが興奮してしまい寝かせることが難しくなります。

 

また毎日の育児で疲れているママとしては、夜はできるだけスムーズに寝かせたい為、パパが手間取るようであれば、早々にパパの寝かしつけを諦めて自分で寝かしつけを行ってしまうことも。

そうなってしまうといつまでたってもパパの寝かしつけスキルは上がっていかないのです。

 

赤ちゃんの人見知り

生まれる前から母親と一緒だった赤ちゃんは、ママに抱っこされて育ち、母乳を飲み、ほぼ24時間ママと一緒に過ごします。

それに対して、パパは外にでて仕事をしているケースが多く、ママに比べて一緒に過ごす時間が圧倒的に短い

 

中でも仕事で忙しいパパの場合、朝は早くから夜は遅くまで家にいない為、「最近赤ちゃんの寝顔しか見ていないなぁ」なんていうこともありえますよね。

そのような状況であれば、赤ちゃんがパパに懐かないのも無理はありません。

 

ちなみに赤ちゃんの人見知り(パパ見知り)は、生後4ヶ月あたりから始まるとのこと。

普段赤ちゃんのお世話をする時間がない、赤ちゃんとじっくり触れ合う時間がないパパほど、当然ながらこのパパ見知りで赤ちゃんに泣かれてしまうのです。

 

ママ、パパ関係なく、眠り辛い環境だった

不快な状態あれば、そもそもママ、パパは関係なく赤ちゃんは眠り辛いわけです。

 

赤ちゃんが眠り辛いと主な原因は以下の通りです。

オムツが汚れている

暑すぎるもしくは寒すぎる

生活音が気になる

部屋が明るい

ハウスダストやほこりによるくしゃみや鼻づまり

 

赤ちゃんが眠り辛そうだなとは感じた場合は、上記の主な原因は問題ないか確認してください!

 

【夜泣き対策】パパでも赤ちゃんが泣き止む方法とは

 

それでは本題の「パパでも赤ちゃんが泣き止む方法」をお伝えしていきます。

夜泣き対策を夫婦で協力してやっていくためにも、以下のことを実践していきましょう。

 

とにかくコミュニケーションをとり信頼を得る

パパが夜赤ちゃんを寝かしつける方法、夜泣き中に泣き止ませる方法は、仕事が休みの日は、ママが授乳するとき以外一日中赤ちゃんと接する機会を作り、とにかくスキンシップやコミュニケーションを取ることです。

一日中一緒にいることで、赤ちゃんが自然と懐いてきますし、オムツ換えをしたり、お風呂に入れたり、テレビをを見たり、グズグズをあやしてみたりと同じ時間を共有することでパパと赤ちゃんとの親子の絆が生まれてきます。

 

生まれる前から何ヶ月も一緒だったママと赤ちゃんとは違い、パパは赤ちゃんが生まれてからの関わりがすべて。パパが急に寝かしつけだけをしようと思っても、やはり無理な話。

赤ちゃんに大好きになってもらい、ママと同じくらい安心感を感じてもらうためには、ひたすら赤ちゃんに関わっていくしかないのです。

 

夫婦の良い関係は大切

パパが赤ちゃんとの関係をいきなり縮めようとしても、始めのうちは赤ちゃんはパパ見知りをしていますので、パパに対し警戒をしてしまいます。ですので、始めのうちはママにはパパのサポートをお願いします

ママが大好きな赤ちゃんはママの日ごろの行動を観察しており、ママがパパにどう接しているか、またパパがママに対してどいういった態度で接しているか見聞きしているとのこと。

 

「大好きなママが信頼しているパパだから安心できる」と赤ちゃんが認識できるように、普段から仲良く子育てをしていければ最高ですね。

 

まとめ

 

ママと比べ、パパはどうしても子どもと過ごす時間が短くなってしまいがちです。

ただ、短い時間であっても、パパが積極的にコミュニケーションをとっていければ、お子さんとの信頼関係を築くことは可能。信頼関係が築けさえすれば、子どもはパパでも泣き止むのです。

 

また、子どもはママの行動を常にみています。ママがパパと仲良くしていれば、子どもも割と早いうちからパパのことが信頼できますが、ママとパパが険悪だと子どももパパに対して警戒してしまいます。

育児をする上で、夫婦間の意見の食い違いはつきものですが、少なくとも子どもにはその様子を見せないようにしてください 笑

 

それではパパが上手く夜の寝かしつけ、そして夜泣き対応ができるよう祈っております!

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 


子育て情報ランキング