多くのママを悩ませる「夜泣き」。

夜泣きが一生続くわけではないと頭では分かっていても、やはり毎晩の夜泣きはとても辛いので、一日でも早く夜泣きを卒業してほしいと親は願うわけです。

 

とはいえ、夜泣きをすぐに終わらせたいと思っても、ある程度の期間まで夜泣きは続くものです。そうなるととりあえず一日一日の夜泣き時間を少しでも短くするしかありません。

 

そこで今回は、赤ちゃんの泣き止ませ方を紹介していきます。なにが原因で泣いているのかわからない時は色々な泣き止ませ方法を試してみてみましょう!

 

夜泣きの赤ちゃんの泣き止ませ方!抱っこ、放置、音楽etc..

 

夜泣きする赤ちゃんの泣き止ませ方ですが、抱っこ、放置、音楽などなどいろいろな方法があるわけです

どれがみなさんのお子さんに一番合うのか、いろいろ試してみてください。

 

抱っこ

赤ちゃんの場合、ママに抱っこしてもらえてはじめて不安が解消され、安心して眠ることができるようになるのです。

抱っこが赤ちゃんを安心させる主な理由は以下の通りです。

 

・ママ(パパ)体温や心音を間近で感じることができる。

・包まれるので安心する。

・ママ(パパ)が揺れることにより、お腹の中にいた時の揺れている状態になる。

 

放置

初めからすぐに一人で泣き止み、寝れるわけではありませんが、少しづつ放置の時間を延ばし、繰り返すことで、赤ちゃんは仮に夜起きてしまっても一人で眠ることができるようになるのです

アメリカやフランスなどの諸外国では、放置により赤ちゃんが夜泣きをしない体になっているとのこと。

 

近所迷惑になるかもしれない、部屋を別々にできない、などの理由で難しいかもしれませんが、放置できる環境があれば、試してみてはいかがでしょうか。

参考:夜泣きは放置するべき!?海外での夜泣き対策は放置が基本になる?

 

音楽

アプリや動画サイトを利用し、音楽をきかせてみるのも効果的。

中でも、赤ちゃんや子供が泣きやむと評判な音楽が、タケモトピアノのCMと、ふかふかかふかのうた。一度試してみてはいかがでしょうか?

 

おっぱい・ミルク

お腹が減っているという理由で夜泣きしている可能性がありますので、おっぱいやミルクを与えると、すぐに泣き止むという赤ちゃんもあります。

 

起こす

電気をつけ明るくし、一度完全に目を覚ましてあげるのも、効果的な夜泣き対処法。

目が覚めてしまうと、また寝かしつけるまでに時間がかかるかもしれませんが、何をしても泣き止まない場合はこちらもイライラしてしまいますので、まずは泣き止ますのも手かもしれません。

 

音をきかせる

テレビの「砂嵐」の音、スーパーの袋をくしゃくしゃにする時の音、それに換気扇の回る音など、意外なものが赤ちゃんを泣きやませるのに効果を発揮。

赤ちゃんを泣きやませる『音』は、無料アプリが揃っていますので、ダウンロードして試してみるもの良いのではないでしょうか。

 

オムツを替える

オムツが汚れているため、不快になり、夜泣きしている可能性もあります。

最近のオムツは進化しており、気持ち悪くて泣くという事は少ないかもしれませんが、オムツを替える事で気分転換になり、すっきりして泣き止むかもしれません。

 

寒すぎず、暑すぎず

新生児はまだ体温調整ができないため、寝かせる部屋の室温に気をつけてください。

赤ちゃんは熱を逃がすのが上手くないので、熱くて泣いている可能性も考えられます。

エアコンやストーブを使うときは、赤ちゃんに直接当たらない位置に配置し、空気がこもらないよう風通しもよくしておきましょう!

 

ドライヤーをあてる

ドライヤーの音が、赤ちゃんがお腹で聞いていたママの血流音に似ており安心するとも考えられています。

ただし、近づけすぎて火傷させないように注意が必要

 

ドライブ

車の音や振動によって泣き止むことがあります。

ただし、街灯や、お店の明かり、対向車のライトなど夜に強い光を浴びることで、余計に赤ちゃんを興奮させ、ますます眠れなくなってしまう可能性があるとのこと。

 

散歩

外気に触れされる事は、赤ちゃんの気分転換になり、泣き止む可能性も。

ただし一時的な夜泣き防止の効果は期待できますが、「夜だから寝る」という意識を赤ちゃんが持つのに時間がかかってしまう可能性もあります。

 

泣くのが仕事と開き直る

 

夜泣きの泣き止ませ方は、ここで紹介した以外にもいろいろな方法があります。

しかし、どれが効果があるかは試してみるまで分からないことが多いのです。 

 

なかなか泣き止まない状況が続くと、だんだんとわが子が「言うことを聞かない、泣き止まない悪い子」に思えてきます。そうなってしまうと、どうしてもイライラして怒ってしまったり、辛くあたってしまうことも。

 

夜泣きでイライラすると、そのストレスは赤ちゃんにも伝わり余計に夜泣きを誘発する事も考えられます。

そういった負の感情を持たない為にも、いっそ「泣いてもいい」と開き直る事も大切。 

赤ちゃんだって、そもそもママが悩んでいる姿を見たいとは思っていないはずですので、どうしても泣き止まない時は開き直りましょう。

 

まとめ

 

夜泣きする赤ちゃんの泣き止ませ方を検証していきましたが、いかがでしたでしょうか。

今現在赤ちゃんの夜泣きで悩んでいる方は、紹介した方法をぜひ試してみて下さい。

 

ただし、夜泣きは原因不明の泣きですので、紹介した方法を試してみても泣き止まないこともあるわけです。

そんな時は「赤ちゃんは泣くものだ、泣くのが仕事だからしかたない」という気持ちで赤ちゃんの泣きを受け止めてあげて下さい。優しく包み込んであげることが、赤ちゃんを安心させ、泣き止ます一番の方法なのです

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 


子育て情報ランキング