赤ちゃんの夜泣きで悩まれている方にとって「いつ夜泣きが終わるのか」というテーマは、一番気になるところだと思います。ですが、それと同じくらい「夜泣きのピーク時期」についても気になるのではないでしょうか。

 

通常運転の夜泣きですら大変なのに、ピークの時期を迎えたらどうなってしまうのだろう。。はたしてちゃんと対応できるか不安になりますよね。

少しでも不安な気持ちがある場合は、対策をたてましょう。そうすることで夜泣きのピークの時期がきたとしても落ち着いて対応することができるはず!

 

赤ちゃんの夜泣きのピークは生後8ヶ月?

 

ママやパパを悩ませる夜泣きですが、赤ちゃんの多くは生後6ヶ月頃から1歳半頃まで夜泣きをし、生後8ヶ月前後に夜泣きのピークを迎えるとのこと。

 

夜泣きのピークと言われている生後8ヶ月頃の赤ちゃんの脳は、この時期に急激に発達し、見るものすべてから刺激を受けて成長するため、日中の刺激で脳が興奮していることが夜泣きにつながっているのです。

 

夜泣きがひどい場合は親として不安に感じるものですが、赤ちゃんの正常な成長過程だととらえて付き合っていきましょう!

 

生後8ヶ月頃の夜泣きの原因

 

赤ちゃんの夜泣きについては原因や対策などもはっきり分からないことが多いので、戸惑うことも多いはず。ただ、わからない中でも多くのママたちは、どうすれば子ども達がよく眠れるのかを工夫し、検証をされています。

 

これまでの多くのママやパパの経験から、ピークといわれている生後8ヶ月前後の夜泣きには下記のような原因があるのではないかと考えられています。ぜひ参考にしてみて下さい!

 

眠ること自体が上手くない

人間は深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)を繰り返しているといわれていますが、子どもの場合全体的に眠りが浅い上に、眠ること自体が下手です!

特に浅い眠りから次の深い眠りへの切り替えがうまくいかないことが多く、そのため夜泣きが始まってしまう可能性があるとのこと。

 

不快な原因

不快な状態では私たち大人でさえ眠りにつくのは難しいですよね。であれば、当然赤ちゃんも快適な状態でなければ眠りづらい訳です。

 

主な不快な原因は以下の通りです。

オムツが汚れている

おなかが空いている

暑すぎるもしくは寒すぎる

生活音が気になる

ハウスダストやほこりによるくしゃみや鼻づまり

 

不安な気持ち

生後8ヶ月くらいになると、赤ちゃんはママとやパパといった周囲の人を区別できるようになる。そして目覚めた時にママやがそばにいないことに、不安を感じやすくなる時期でもある。

 

寝る前に怖い体験をしたり強い刺激を受けたりすると、興奮してうまく寝つけないこともあるのです。

 

歯ぐずり

赤ちゃんは、生後6ヶ月頃から徐々に歯が生え始めてき、この時の痛みやむずがゆさは、赤ちゃんにとっては初めての経験となります。この戸惑いや不快感が、夜泣きのピークの原因となっている可能性があるのです。

 

【夜泣きのピーク時期】赤ちゃんの夜泣き対策

 

夜泣きピーク時の赤ちゃんの原因に続き、対策を以下でご紹介します。

まだ試していない対策があればぜひ試してみましょう!

 

朝型の生活リズムを確立する!

「夜になっても赤ちゃんが眠くなさそう」、「毎晩夜泣きが続く」こういったケースでは眠りホルモンと呼ばれる「メラトニン」が体内で十分に生成されていない可能性が考えられます。

 

ではどうすればその眠りホルモンである「メラトニン」を生成することができるかと言うと、その原料である「セラトニン」をまずは生成すること。そしてその「セラトニン」を生成するために早起きが必要なのです。

 

つまり、朝早く起き、朝日を浴びることでメラトニンが多く生成され、結果的に夜眠くなりやすい体になるという訳。

今までお子さんが早起きをしていなかった場合、早起きを始め、朝日を浴びることで、夜まとめて寝てくれるようになるかもしれませんね。

 

お昼寝の時間・時間帯

「夜寝ない」、「夜中に頻繁に起きる」原因として考えられるのが、昼間や夕方に、長時間お昼寝をしてしまうことが挙げられる。

お昼寝を長時間してしまう、またはお昼寝の時間帯が遅くなってしまうことで、どうしても夜眠くなる時間が遅くなるという悪循環に陥ってしまいます。

 

お昼寝時間の目安としては最大3時間くらいまで、時間帯については遅くとも午後3時ぐらいまでには起こしてあげること。

 

母乳よりミルクの方が長く寝てくれる

夜泣きしない子にするには、ミルクで育てているかどうかが影響する。

母乳ではなくミルクとした理由は以下の通りです。

 

母乳は消化が早く、ミルクは腹持ちがよい。

お腹が減って起きることが少ない。

母乳の場合は、ミルクに比べ飲むのに労力がかかる。

母乳を飲んでいる途中で疲れて寝てしまうことがあるため、お腹が減って途中で起きる可能性がある。

 

夜泣きで悩まされている方は、ミルクを上手く織り交ぜてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

まず、一つ言えることは、夜泣きのピークが訪れることによって、ママの負担がより大きくなることは避けられないということ。

だからこそ、今まで夜泣きをひたすら耐えていた方であれば、絶対に負担を減らす対策を考えるべきなのです!

 

夜泣きの時期は物事を考える余裕がない程忙しく、そして解決方法自体も見つけることは簡単ではないかもしれません。ただ動き出すことで、解決の糸口は見つかるはずです。

夜泣き解決に向け動き出しましょう!

 

 

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 

子育て情報ランキング