夜泣きする赤ちゃんを持つママ達は「赤ちゃんの夜泣き」についてどう思っているのでしょうか。おそらく多くの意見は「辛い」、「大変」などのネガティブなものになるかと思います。

 

では「もし」赤ちゃんが夜泣きをしなくなったら、あなたの生活はどのように変わるでしょうか?家族や友人と今以上に楽しく過ごしている姿が目に浮かびますよね。

 

そう、夜泣きという問題を解決できればあなたの生活は飛躍的によくなるのです!

であれば、夜泣きを我慢しているだけではなく、夜泣きを止める手段を考え、実行するしかありませんよね。

 

夜泣きする赤ちゃんの割合

 

夜泣きする赤ちゃんの割合は約6、7割と言われています。

6、7割もの赤ちゃんが夜泣きをしているのであれば、多くのママが夜泣きで悩まれている理由も納得がいきますね。

 

赤ちゃんは、寝るのが下手

 
私達大人は、朝起きて夜寝るという行動を自然に行っていますが、最近まで昼も夜もないママのお腹の中にいた赤ちゃんには、その感覚はありません。

そのため、昼夜の感覚を数か月かけて覚えるまでは、特別に夜泣きをするというわけではなく、朝昼夜という時間に関係なく赤ちゃんは泣いてしまうのです。

 

また子どもも大人と同じく、睡眠は浅い眠り(レム睡眠)と深い眠り(ノンレム睡眠)の繰り返しとなります。

ただ、子どもの場合全体的に眠りが浅い上に、眠ること自体が上手くない。そのため、眠りが浅くなったときに次の深い眠りへの切り替えがうまくいかないことが多いとのこと。

 

夜泣きの対処法

 

では、夜泣きする子の夜泣きはどう対応していけば良いのでしょうか。いくつかご紹介しますので見ていきましょう。

 

生活リズムを一定に

まずは赤ちゃんの生活リズムを一定にしてあげることが大切です。

以下の項目はぜひ実践してみて下さい!

・朝早起きし、赤ちゃんに太陽の光をしっかり浴びせる。

・日中は活発的に活動する。

・寝る前の30分間は部屋の明かりを落として、赤ちゃんとスキンシップをとる。

 

就寝前にはブルーライトを浴びない

大人でも就寝前にブルーライトを浴びると寝つきが浅くなります。子どもの場合は特に眠りが浅いため、ブルーライトの影響が大きいとのこと。

就寝30分前からはテレビ、スマホ・タブレット機器の使用は控えるようにしましょう。

 

寝る前の儀式を作る

寝る前に毎日同じことを行うことで、赤ちゃんに寝る時間を体で覚えてもらう効果があるとのこと。できれば赤ちゃんがリラックスできるようなことを行うと良いでしょう。

以下は例になりますので、同じことや似たようなことを試してみましょう!

・子守歌をきかせる

・絵本を読み聞かせる

・リラックスできる音楽を聴かせる

 

赤ちゃんが快眠しやすい環境を作る

夜泣きする赤ちゃんは、夜に泣くことで自分の意志を伝えてきますが、毎晩泣かれてしまっては、ママの体力は持たない。ですので夜泣き対策として、赤ちゃんが不快にならない環境作りを行いましょう。

【温度調整】
赤ちゃんは自分自身で温度調整ができないため、快適な室内温度を保つよう心掛ける。

【部屋の明るさ】
眠る時は部屋を暗くしますが、赤ちゃんによっては真っ暗にすると余計に泣いてしまう子もいるとのこと。赤ちゃんが落ち着いて眠れる明るさを見つける。

 
日頃から赤ちゃんのことを観察し、何が赤ちゃんにとってよい環境なのかを把握することも大切ですね
 
 

夜泣きグッズの利用

夜泣きの対処法には寝かしつけグッズの利用が効果的です!

例えば、抱っこ紐のスリングやゆらゆら揺れるバウンサーは、赤ちゃんに心地よい揺れを与えることができ、赤ちゃんが眠りやすい状況を作ることができるアイテム。

 

これらの夜泣きグッズは、評判もよく実際に私たち夫婦も利用し、効果を発揮しました。

その他にもすやすや眠る用のアロマや、夜泣き用のハーブティーなどの夜泣き対策グッズも売っていますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

こまめな清掃

ハウスダストは、くしゃみ、鼻水を引き起こす原因になるといわれており、それによって子どもの寝つきが悪くなる可能性も。

鼻づまりで夜中に目が覚めてしまう場合もあるので、寝室にホコリをため込まないようこまめに掃除をし、部屋を清潔に保つようにしましょう。

とにかく少しでも赤ちゃんが不快に思ってしまう環境を取り除くことが大切なのです。

 

まとめ

 

夜泣きする子を持つママさんに夜泣き対処法をお伝えするというテーマでしたが、いかがでしたでしょうか。

夜泣きで悩まれている1人のママがひたすら夜泣きの日々に耐えているという話を聞き、我慢されるのであれば、その問題を少しでも早く解決するほうが良いのではと思い、対処法を記事にしてみました。

 

本当に夜泣きの日々は辛いので、少しでも夜泣き期間が短くなればいいと本気で思っています!

夜泣きが終わった後の世界は、以前の平穏に寝られる日々です。少しでもはやく平穏な日々を手に入れるため、ぜひご紹介した対処法を実践してみてください。

 

今回の記事が少しでも、お役にたてれば幸いです。

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 


子育て情報ランキング