「夜泣き」がこんなにも辛いものだとは思っていなかった…(泣)

今現在夜泣きで悩まれている方、経験された方は、一度はこんな風に思ったのではないでしょうか?

 

僕ら夫婦もよく辛いとは言っていたものの、世の中のママやパパも状況は同じなんだろうな~と言い聞かせ耐えてました。

夜泣きが辛い最大の理由は、当然ながら子どもが「夜中に目を覚まし激しく泣くこと」への対応。

 

まだ眠い中、思い通りに寝ない赤ちゃんへの対応は本当に大変です!

また、夜泣きの原因がはっきりしていないケースが多いのも辛いところである。

 

ただ、夜泣きの原因が定かではないからといって、行き当たりばったりで夜泣きの対応をしてはいけない。

そう!まずは夜泣き対策をすることが大事!

 

夜泣き対策をすることによって、夜泣きの頻度を減らしたり、夜泣きをなるべくはやくストップすることはできるはず。

では今回はそんな夜泣きで苦しむママとパパの為、夜泣き対策をお伝えします。

 

年齢によって対応の仕方も変わってきますので、今回は1歳を対象にしたいと思います。

 

いつまで続く寝不足の日々?しんどい毎日に終わりは来る!?

 

夜泣きによって、寝不足が続くとなんていうか「しんどい」ですよね。

僕の場合、「夜泣きの辛い日々が一日でも早く終わってほしい」とひたすら神様にお願いする毎日でした。(困った時だけ神様に話しかけるタイプ 笑)

 

でも実際夜泣きっていつまで続くものなのでしょうか。

ウィキペディアさんは夜泣きの時期を以下のように定義しています。

夜泣き(よなき)は、赤ん坊幼児が、夜間睡眠中に目を覚まし激しく泣くこと。中でも特にはっきりした原因がない場合を指すことが一般的である。生後6か月から1歳半くらいに多く見られる。

                                 引用: ウィキペディア

 

もちろん個人差はありますが、夜泣きはどうやら1歳半ぐらいまでのケースが多いようですね。

今現在赤ちゃんが1歳の場合ですと、目安としてはあと半年!

 

しっかり対策を練って夜泣きの負担を軽くし、約半年間を乗り切っていきましょう。

 

1歳赤ちゃんの夜泣きが辛い!夜泣き対策とは?

 

冒頭でお話しした通り、夜泣き対策は必須。

対策をとることによって、辛い夜泣きの頻度を減らしたり、少しでも早く泣きやますことができるのです。

 

以下で1歳の子どもに効果的な夜泣き対策をお伝えしていきます。

 

寝るタイミングを覚えさせる

赤ちゃんに「寝る時間ですよ。」と直接話しかけても当然通じませんが、赤ちゃんに1日の生活の流れと「寝るタイミング」を覚えさせることはできるのです。

大切なことは、昼間は活発に活動し、夜は寝る、という生活リズムを赤ちゃんの頭と体に覚えこませ、習慣化すること。

 

起きる時間、食事、お風呂の時間もなるべく毎日同じにし、一日のルーティンを覚えさせてあげましょう。

 

オムツのサイズが合っていない

うんちをしていたり、おっしこでオムツがパンパンになっている場合すぐに交換してあげましょう。

また1歳頃のこの時期はオムツの大きさが合わなくなっていることもあるので注意が必要

 

ちなみに早い子であれば、1歳ですでにLサイズを使用するようです。

夜中にオムツを交換をすることは難しいので、オムツのサイズが小さいと朝までにおしっこでオムツがパンパンになってしまい気持ち悪くなって夜泣きをすることもある。

 

赤ちゃんや幼い子どもの成長は早いので、今はいているオムツの大きさが合っているか、まずは確認してみましょう。

 

温度調整

赤ちゃんは「暑い」「寒い」といった理由で夜泣きをすることもあります。

エアコンを使って室温を一定(20~25℃)に保つと、寝る時の服装や布団を変える必要がなくなるので、いつでも同じ状態で眠ることが可能。

 

赤ちゃんは「暑い」「寒い」と親に伝えることができないので、気温の変化などがあれば、赤ちゃんの様子を見て着ている服や空調をこまめに調整しましょう。

 

体調が悪い場合

赤ちゃんは自分で鼻水や痰(たん)を出すことができないので寝苦しくて泣いてしまうことがあるのです。

その場合、早めにかかりつけの小児科に診てもらって症状を緩和する薬をもらいましょう。

 

また赤ちゃんの鼻水を吸う商品も市販されていますので、鼻が詰まっている場合は吸ってあげるのも効果的。

 

朝の早起き

朝早く起き、朝日をしっかり浴びることによって、体の中のセロトニンを増やし、ひいてはメラトニンと呼ばれる「眠りホルモン」を夜分泌させることができる。

メラトニンが分泌されれば分泌されるほど眠りやすい体になるので、生活リズムが乱れている場合は、まず生活リズムを整えることをおススメします。

 

見守る

思い当たる原因が見つからない時には、そばで静かに見守るしかありません。

それにそもそも赤ちゃんって夜泣きしても、すぐに抱っこしてあやす必要はないんです。

 

夜泣きが始まっても、まずは5~10分程度は見守ってあげてください。

特に何もしなくても5~10分程待てば自然と泣き止むケースもあるとのこと。

 

まとめ

 

今回は1歳児向けの夜泣き対処法をご紹介しました。

  1. 寝るタイミングを覚えさせる
  2. オムツのサイズが合っていない
  3. 温度調整
  4. 体調が悪い場合
  5. 朝の早起き
  6. 見守る

 

辛い夜泣きに悩んでいる場合、上記方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

もし上記の方法を試してみても夜泣きを止めることが難しい場合は、夜泣きグッズを利用してみましょう。

夜泣きグッズの中でも「すやねむカモミール」という夜泣き対策ハーブティーが一番のおススメです。

 

おススメの理由としては;

  1. オーガニックハーブ・ノンカフェインの為、子どもが安心して飲める。
  2. ママのリラックスティーとしても活用可。
  3. 妊娠・子育ての専門ブランドである
  4. 10日間の返金保証付き

 

オーガニック素材なので、子どもでも安心して飲むことができ、なおかつママのリラックスティーとしても利用可能。

また実際に試してみて自分や子どもには合わないなと思っても商品が到着してからの10日間、商品1袋分の返金保証が付いているので購入リスクがない!

 

辛い夜泣きとの日々にサヨナラし、笑顔の子育てを体験してみましょう!

公式サイト: 赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー【すやねむカモミール】

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 


子育て情報ランキング