新生児との新しい生活は喜びと共に苦労も多いのではないでしょうか?

ママとしては日中の慣れない育児で疲労困憊のため、本当であれば夜はゆっくり寝たいもの。

 

ただし生まれたばかりの赤ちゃんは「朝起きて、夜眠る」という生活習慣がまだ定まっていないので、夜中でも昼間と同じように大泣きするのです。

 

この激しい夜泣きですが、できればなんとかしたいですよね?

ですので今回は、そんな困った泣き止まない赤ちゃんに対する対策についてご紹介します。夜泣きで苦しんでいる方は是非チェックしてみて下さい。

 

そもそも夜泣きとは?夜泣き対処法はある?

 

夜泣きは生後3ヶ月~6ヶ月頃以降におきる原因不明の泣きといわれているので、厳密には新生児が夜間に泣くことを「夜泣き」とはいいません。ただ、呼び方はさておき、新生児が夜に泣くことについて、悩まれているママは本当に多いのです。

 

どんなにママが頑張ってもなかなか泣き止んでくれないときは、どうすればよいかわからなくなりますね。それではそんな悩めるママのために、激しい夜泣きのストレスを軽減させる方法を以下でお伝えしていきます。

 

すぐに空腹になってはいないか

母乳やミルクの量は足りていますか?

特に母乳の場合、赤ちゃんが力をいれて吸わないと母乳は出てこないので、お腹が満たされる前に疲れ果てて寝てしまうこともあります。そのようなケースではすぐにお腹が減って起きてしまうことも。

 

空腹では赤ちゃんは短い間隔で起きてしまいます。新生児の時期は、母乳もまだ量が少ないこともありますので、ミルクを与えたり混合して調節してみることもおススメ。

 

眠る環境を整える

当たり前の話ですが、不快な状態では私たち大人でさえ眠りにつくのは難しい。

であれば、当然赤ちゃんも快適な状態でなければ眠りづらい訳です。

 

具体的には以下のポイントには最低限気をつかっていかなければなりません。

空調の調節をする。(暑すぎず、寒すぎず)
オムツをきれいな状態にする。
しゃみや鼻づまりの原因となるハウスダストやホコリの除去。
 

ただし、新生児はどうしても数時間おきに泣いてしまうことがあるかと思いますので、あまり神経質にならずできる範囲でやってみましょう。

 

イライラがピークの前にするべきこと

 

激しい夜泣きのせいで、睡眠不足に陥ってしまうと、本当に疲れはとれにくくなります。

何だか身体がだるく、気がつけば『疲れ顔』になったりはしていませんか?

 

睡眠が不足すると精神的にも不安定になりイライラしたり、憂鬱な気分になります。イライラがピークになる前に以下の方法で心身をリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

 

旦那さんや親など、家族に頼る

心も体も疲れてしまった場合、まずは体調を整えることがなによりも先決。

とはいえ、変わらず子どものそばにいては、いつまでたっても心も体も休まりません。

 

ですので旦那さんや親など他の家族に夜泣きの対応を代わってもらうなどし、睡眠の時間をしっかり確保しましょう。もし、家族の協力が難しい場合は1次保育を利用するなどして、とにかく休むようにしましょう!

 

はっきり言えることは、自分一人で、子育てをしていては身がもたないということ。

家族は間違いなく心に余裕を持ったあなたと接したいと思うはずです。自分の為ひいては家族の為にも心と体を休める時間を作ってあげてください。

 

リラックス

疲れたママにオススメなのが、ハーブティーです。

コーヒーにもカフェインレスがありますが、ハーブティーは母乳にもよく、リラックス効果があるので、疲れた時期だからこそ飲んで欲しい飲み物です。

 

中でも『すやねむカモミール』はママにも赤ちゃんにもオススメ。

カモミールを中心に厳選した3種類のハーブをブレンドした自然派のハーブティーになります。ノンカフェイン、無香料・無着色また農薬や放射線の検査も定期的に実施しており安心。

 

元々は赤ちゃんの夜泣対策用のハーブティー「すやねむカモミール」ですが、リラックスティーですので、ママ自身が飲むことで、心を落ち着かせることもできます。ママにとっても赤ちゃんにとっても嬉しい商品ですね。

公式サイト: 赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー【すやねむカモミール】

 

 

 

まとめ

 

赤ちゃんが生まれてから怒涛の日々が続き、慣れないことばかりで精神的にも肉体的にも疲れが溜まっているのではないでしょうか。また頑張り屋さんなママほど1人でストレスを抱え込んでしまっていると思います。

 

残念ながら旦那さんは、その大変な様子に気づかない可能性がありますので、疲れたり、辛い場合は旦那さんまたは他の家族を遠慮なく頼りましょう!

ママが倒れてしまっては元も子もありません。赤ちゃんのために頑張るのはとても素晴らしいことですが、自分を大切にすることも忘れないでくださいね!

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 


子育て情報ランキング