雨の日になると頭痛がしたり、体調が悪くなる人がいると思いますが、それは雨の日や台風の影響などで気圧が一気に下がることが原因。

ちなみに気圧変化による頭痛については、大人に限らず赤ちゃんや幼い子どもにも当てはまることなのです。

 

もし雨が降っていたり、天気が悪い日に「朝から子供がぐずってるな」、「夜も夜泣きが止まらないな」と、感じる場合は、子どもが頭痛を訴えているのかもしれませんので注意しましょう。

それでは今回のテーマである、雨の日・気圧と夜泣きの関係について考えていきたいと思います!

 

雨の日や台風などによる気圧変化が体調にどう影響するのか?

 

赤ちゃんの夜泣きと天候との関係をお話する前に、まずは気圧の変化が体調にどう影響を与えるのかを説明していきます。

雨の日や台風などの影響で気圧が変化すると、人間の体はストレスを感じるため、それに抵抗しようとして自律神経が活性化されます。

 

自律神経系には、交感神経と副交感神経があり、交感神経は血管を収縮させ、心拍数を上げて体を興奮させる働きがあり、一方の副交感神経は血管を広げて体をリラックスさせる働きを持つ。

そしてこの交感神経と副交感神経の調整がうまくいかない時が、さまざまな体調不良や情緒不安定を引き起こす原因となってしまうのです。

 

気圧の変化による体の不調には以下のようなものがあります。

・ぜんそくや神経痛が悪くなりやすい。

・頭痛や関節痛をおこしやすくなる。

・古傷が痛む。

・体がだるくなったり、いつもより眠くなる。

 

また体の不調ではありませんが、台風や大雪の前になぜか妙にハイになる人がいるのも気圧の変動のせいですね。

 

 

気圧の変化と赤ちゃんの夜泣きの関係は?

 

赤ちゃんは、環境の変化に適応して身体の状態をコントロールする能力が大人ほど発達していないので、台風や雨の日になると、もろに気圧の急激な変化の影響を受けてしまいます。

赤ちゃんが気圧の変化に弱いことは、飛行機に乗った赤ちゃんが着陸時や離陸時に激しく泣くことでわかりますよね。

以下では、気圧の変化によって夜泣きが引き起こされる理由をご説明いたします。

 

頭痛を感じているため?

「低気圧時に頭痛になる」というのはとても有名な話ですね。ちなみに頭痛の原因は気圧の変化によって脳血管が開くため。血管が広がるということは、頭の血管も当然広がり、膨張して、頭痛が起こります。

 

なかでも赤ちゃんの頭は頭蓋骨が未発達なためとても柔らかいのです。そのため脳血管の拡張によって受ける刺激も大きく、大人よりずっと強い頭痛を感じている可能性があるとのこと。

この痛みが夜の時間に襲ってきた場合、赤ちゃんは夜泣きをしてしまうのです。

 

リラックスできない?

台風などで低気圧になると交感神経と副交感神経の調整がうまくいかず、リラックスできない状況が起きてしまいます。

赤ちゃんはまだ体の調整機能が未発達な分、リラックスできない状況が続くと泣いてしまうとのこと。

 

部屋の気温や湿度が快適ではない?

雨が続くと湿気も高まり、大人でも不快に感じることがあります。

室温が赤ちゃんにとっての快適な室温とは違う場合、赤ちゃんはストレスを感じ、泣いてしまうことがあるようです。

 

台風・雨の日に赤ちゃんが頭痛になった時の泣き止ませ方法!

台風・雨の日に赤ちゃんが頭痛になった時の泣き止ませ方ですが、気をつけなければ逆効果になってしまう可能性があります。夜泣きや寝かしつけをスムーズに行うためにも必ずチェックしてみて下さい!

 

誤った泣き止ませ方法!

赤ちゃんが泣き止まない場合ですが、どのようにして泣き止ませますか?

多くのママは赤ちゃんを抱っこしつつ、ゆらゆら揺らしてあげるのではないでしょうか。

 

通常ですと抱っこして揺らされることで、赤ちゃんは泣き止んだりそのまま眠ってしまいますが、もしも泣きの原因が頭痛であれば、これは赤ちゃんにとってかなり辛いですよね。

大人の私たちでも、頭痛で頭がガンガンしている時に、頭を振られたりしたら気分は悪くなります。

 

「頭痛」が夜泣きの原因と思われた場合は、抱っこしながらゆらゆら揺らすのはやめましょう!

 

泣き止ませ方法!

雨の日や台風の影響で気圧が変化し、その影響で頭が痛くなってしまった赤ちゃんは当然簡単に眠ることができなくなります。

頭痛を止めるためには、「血管を広げる働きのある副交感神経」が優位な状態から、「血管を収縮させる働きのある交感神経」が優位な状態に持っていく必要があります。

 

 

まず赤ちゃんに好きなおもちゃを与えてみたり、一緒に遊んであげましょう。

楽しく遊んでいると交感神経が優位になってくるはずですので、同時に頭が痛いのもおさまってしまうはずです。

 

まとめ

 

雨の日や台風の日に頭が痛くなるのは大人だけではなく、子どもにも当てはまります。

ですので、雨の日に赤ちゃんが夜泣きをしている場合は、頭痛の可能性を疑ってみましょう。

 

今回は主に雨の日の夜泣き対策について検証しましたが、その他の夜泣き対策についての確認もおススメします。

ぜひ下記の記事もご確認ください!

参考:夜泣きしない子にするにはどうすれば?夜泣きしない方法7選! 

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 


子育て情報ランキング