「夜泣き」=「睡眠不足」というほど、夜泣きが始まると睡眠不足は避けられないのです。

睡眠不足が避けられないのであれば翌朝当然眠くなる。

 

でもだからといって翌日の仕事を休めるかと言えば、休める人などほんの一握りで、多くの方がいつもと同じように出社されるわけです。

困ったのは出社したはいいが、眠いので仕事が手につかないということ。特にお昼を食べたあとの眠気ときたら、意識が宇宙に飛んでいくのではと思うほど強烈!

 

夜泣きは始まってから数日で終わるものではないので、なにか対策をとらない限り仕事に支障が出続けます。

そこで今回は仕事中に眠くなった場合の対処法、ならびに寝不足の原因である夜泣きの対処方法をお伝えしていきます。

 

夜泣きの影響で仕事中眠い…睡眠不足のまま仕事を上手くこなす方法

 

睡眠不足だろうがなかろうが出社したからには仕事をこなさなければいけない訳です。

ただ、夜泣きの影響で眠いまま仕事をしていては集中力も低く、仕事の効率が悪い。

 

では、睡眠不足のまま会社に出勤したのはいいものの、仕事中に睡魔に襲われた場合はどのように対処すべきなのでしょうか。

以下でおススメの対処法を紹介します!

 

カフェインを取る

眠気を抑える方法といってまず頭に浮かぶのが、カフェインを含んだ飲み物を飲むこと。

カフェイン量が多い飲み物と言えば、やはりコーヒーとなりますので、仕事中眠くなった場合コーヒーを飲んでみてはいかがでしょうか。

 

ただし、仕事中の眠気撃退に一役買ってくれるカフェインですが、「カフェイン中毒」という病気があるように、飲み過ぎには注意が必要です。

 

お昼休憩を利用する

睡眠不足のまま仕事に行った場合、唯一の休憩時間であるお昼休憩を睡眠の為に利用しない手はないですよね。

お昼ご飯をしっかり食べた上で、残りの休憩時間を自分のデスクや空いた席で突っ伏してみるのです。

 

長い時間眠れなくてもいいのですが、少なくとも5分は眠ってみて下さい。たった5分ですが、かなり頭がスッキリするはず。

眠い場合はやはり眠らなければ回復しないのです、ぜひ実践してみて下さい!

 

休憩をとる

ただでさえ睡眠不足で眠いところに、職場の快適な室温、静かな環境が加われば、さらに眠くなってしまいますよね。

眠いままではいつまでも仕事の効率が上がりませんので、思い切って数分離席しちゃうのも手。

 

離席し「深呼吸する」、「他人があまりいない場所でストレッチする」、「男性の場合は、トイレの洗面台で顔を洗う」などし、その後の業務を乗り切りましょう。

 

夜泣きによる仕事への影響を小さくするためには

 

「夜泣きの影響で仕事中眠い場合どう対処すればよいのか」を先ほどの章で説明しましたが、この章ではそもそもの原因である夜泣き自体を止める方法を考えていきます。

以下が、主な夜泣きを止める方法になります。

 

  • 早起きを徹底する

朝早く起き、朝日をしっかり浴びることによって、体の中のセロトニンを増やし、ひいてはメラトニンと呼ばれる「眠りホルモン」を夜分泌させることができる。そしてメラトニンが分泌されれば分泌されるほど眠りやすい体になる。

 

  • 昼寝の時間、タイミングを見直す。

お昼寝時間の目安としては最大3時間くらいまで、時間帯については遅くとも午後3時ぐらいまでには起こしてあげること。

 

  • 寝るまでのルーティーンを決める。

昼間は活発に活動し、夜は寝る、という生活リズムを赤ちゃんの頭と体に覚えこませ、習慣化すること。

 

もし上記の方法を試してみても夜泣きを止めることが難しい場合は、夜泣きグッズを利用してみましょう。

夜泣きグッズの中でも「すやねむカモミール」という夜泣き対策ハーブティーが一番のおススメです。

 

おススメの理由としては;

  1. オーガニックハーブ・ノンカフェインの為、子どもが安心して飲める。
  2. ママのリラックスティーとしても活用可。
  3. 妊娠・子育ての専門ブランドである
  4. 10日間の返金保証付き

 

オーガニック素材なので、子どもでも安心して飲むことができ、なおかつママのリラックスティーとしても利用可能。

また実際に試してみて自分や子どもには合わないなと思っても、商品が到着してからの10日間、商品1袋分の返金保証が付いているので購入リスクがほぼない!

 

辛い夜泣きとの日々にサヨナラし、笑顔の子育てを体験してみましょう!

公式サイト:  赤ちゃんの夜泣き対策サポートティー【すやねむカモミール】

 

まとめ

 

今回は「夜泣きの影響で仕事中眠い…睡眠不足のまま仕事を上手くこなす方法」と「夜泣きによる仕事への影響を小さくするためには」について検証してみました。

寝不足で会社に行った際には以下の方法を試してみてください!

  • カフェイン入りドリンクを飲む
  • お昼休憩を利用する
  • 休憩をとる

 

夜泣き対策には以下の方法にトライしてみて下さい!

  • 生活のリズムを正し、早起きを徹底する
  • 昼寝の時間、タイミングを見直す
  • 寝るまでのルーティーンを決める

 

近頃は共働き世帯も増えてきたので、夜泣き対応を含めた育児、家事、仕事をすべてこなすママも多いかと思います。

記事の内容がそんな忙しく疲れたママさんたちの少しでも役にたてば幸いです。

 

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 


子育て情報ランキング