日中はご機嫌に遊んでいたのに、夜になるとどうしたものか泣き出してしまう赤ちゃん。

何度も夜中に起こされて、すっかり睡眠不足な日々に、「この夜泣きはいつまで続くのだろう?」と心配になるママやパパも多いのではないでしょうか。

 

そしてもう一つ気になるのが、いつ頃が夜泣きの大変な時期であるか。

ただでさえ、通常時から夜泣きの対応に四苦八苦しているのにさらに厳しくなるのであれば、事前に大体の時期を把握しておきたいですよね。

 

そこで今回は夜泣きのピーク時期ならびに原因、対策をご紹介していきます。

 

夜泣きの大変な時期は生後8ヶ月?

 

親をとても不安にさせる夜泣きですが、だいたい生後6ヶ月頃から1歳半頃までが夜泣きをする時期で、8ヶ月頃に夜泣きのピークを迎える赤ちゃんが多いようです。

夜泣きが大変な時期と言われている生後8ヶ月頃の赤ちゃんの脳は、この時期に急激に発達し、見るものすべてから刺激を受けて成長するため、日中の刺激で脳が興奮していることが夜泣きにつながっているとのこと。

 

夜泣きがひどい場合は親として不安に感じるものですが、赤ちゃんの正常な成長過程だととらえて付き合っていきましょう!

 

【夜泣き】ピーク時の原因は?

 

夜泣きの原因ははっきりとは解明されていません。しかし、これまでの多くのママやパパの経験から、夜泣きの大変な時期である生後8ヶ月頃の夜泣きには下記のような原因があるのではないかと考えられています。

 

眠ることが上手くない

人間は深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)を繰り返しているといわれていますが、子どもの場合全体的に眠りが浅い上に、眠ること自体が上手くないのです。

そのため、眠りが浅くなったときに次の深い眠りへの切り替えがうまくいかないことが多く、夜泣きが始まってしまっている可能性があるとのこと。

 

生活リズムの調整

生活リズムを整えることで、質の良い睡眠がとれるようになるのです。

早寝早起きはもちろん、日中にしっかり活動してエネルギーをうまく発散させること、昼寝の時間の調整をするなど、普段の生活リズムを見直してみましょう!

 

不快な状態

ひどい夜泣きは、不快感を覚えた赤ちゃんからのSOSである可能性もある。

当たり前の話ですが、不快な状態では私たち大人でさえ眠りにつくのは難しいのです。

 

であれば、当然赤ちゃんやこども達も快適な状態でなければ眠りづらい訳ですよね。

具体的には以下の

オムツをきれいな状態にする。

おなかが満たされた状態にする。

空調の調節をする。(暑すぎず、寒すぎず)

くしゃみや鼻づまりの原因となるハウスダストやホコリの除去。

などは、眠りやすい環境づくりの為にも最低限気をつかっていかなければならないポイントになります。

 

不安な気持ち

生後8ヶ月くらいになると、赤ちゃんはママとやパパといった周囲の人を区別できるようになる。そして目覚めた時にママやがそばにいないことに、不安を感じやすくなる時期でもある。

 

寝る前に怖い体験をしたり強い刺激を受けたりすると、興奮してうまく寝つけないこともあるのです。

 

歯ぐずり

赤ちゃんは、生後6ヶ月頃から徐々に歯が生え始めてき、この時の痛みやむずがゆさは、赤ちゃんにとっては初めての経験となります。この戸惑いや不快感が、夜泣きのピークの原因となっている可能性があるのです。

 

【夜泣き】ピーク時期の対策は?

 

 

朝型の生活へシフトする

朝早く起き、朝日をしっかり浴びることによって、体の中のセロトニンを増やし、ひいてはメラトニンと呼ばれる「眠りホルモン」を夜分泌させることができる。

メラトニンが分泌されれば分泌されるほど眠りやすい体になるので、生活リズムが乱れている場合は、まず生活リズムを整えることをおススメします。

 

お昼寝時間の見直し

「夜寝ない」、「夜中に頻繁に起きる」原因として考えられるのが、昼間や夕方に、長時間お昼寝をしてしまうことが挙げられる。

お昼寝を長時間してしまう、またはお昼寝の時間帯が遅くなってしまうことで、どうしても夜眠くなる時間が遅くなるという悪循環に陥ってしまいます。

 

お昼寝時間の目安としては最大3時間くらいまで、時間帯については遅くとも午後3時ぐらいまでには起こしてあげること。

 

 

ミルクを与え赤ちゃんを満腹にしておく

ミルクをしっかり与え満腹にすることによって、夜中に空腹で起きるリスクが少なくなります。

ポイントは母乳ではなくミルクという点です。

 

ミルクを選んだ主な理由としては以下が挙げられます。

 

母乳は消化が早く、ミルクは腹持ちがよい。

母乳の場合、消化が早いので、どうしてもすぐにお腹が減ってしまい、その結果泣いてしまう。

 

母乳の場合は、ミルクに比べ飲むのに労力がかかる。

赤ちゃんが力をいれて吸わないと母乳は出てこないので、ミルクに比べ疲れてしまう。

お腹が満たされる前に疲れ果てて寝てしまうこともあり、その場合すぐにお腹が減って起きる。

 

夜泣きで悩まされてる方は、寝る前にミルクをあげることで、ぐっすり寝てくれるかもしれません。

 

夜泣き対策グッズを使う

夜泣きの対応がどうしても難しい場合は、寝かしつけグッズを利用してはいかがでしょうか。

例えば、抱っこ紐のスリングやゆらゆら揺れるバウンサーは、赤ちゃんに心地よい揺れを与えることができ、赤ちゃんが眠りやすい状況を作ることができるアイテム。

 

その他にもすやすや眠る用のアロマや、夜泣き用のハーブティーなどの夜泣き対策グッズも売っていますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

今回は夜泣きの大変な時期は生後8ヶ月?ピーク時期の対策はどうするべき?をご紹介しました。

夜泣きのピークが訪れることによって、ママパパの負担が大きくなることは避けられない。

 

ピーク時期の対策をお伝えしましたが、疲れた時は無理せず、赤ちゃんを両親や親せき、一時保育に預けるなどしてリフレッシュしてみてください。参照:子供の夜泣きに疲れた。寝不足でイライラしたときにするべきこと!

 

今回の記事が少しでも夜泣きに苦しむ方の役にたてば幸いです。

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 


子育て情報ランキング