古今東西、多くのママの「夜泣き」の認識は大変辛いということ。

なぜママの認識であって、パパの認識ではないかというと、単純に夜泣き対応をしているのがママだけという家庭が多い為です。

 

夜泣きは寝不足を招くため、心身共に疲労困憊になり、最悪の場合ノイローゼになることも。

そこまで過酷な夜泣き対応を奥さん1人に背負わせるのはやはり得策ではなく、旦那さんの積極的なサポートが必要。

 

そこで今回は夫婦でどのように協力して、夜泣き対応をしていけばよいかいくつか例を紹介していきます。今現在1人で夜泣き対応を行っている場合は、以下でお伝えする内容をチェックし、夫婦で負担をシェアするようにしましょう。

 

夜泣きは夫と協力して対応!分担してやるべきことを明確にする

 

夜泣き対応をどうやって夫と協力していくかをお伝えする前に、一つだけ女性のみなさんにお伝えしなければならないことがあります。

もう薄々お気づきの方もいらっしゃると思いますが、基本的に男性は女性の気持ちを察することができないということ

 

つまり自分の悩みや不満を察してもらいたいという気持ちは捨てて欲しいのです。

夜泣きで辛いことがあった場合や、もっと手伝ってほしいことがある場合は、旦那さんに夜泣きの大変さを説明し、どうしてほしいかを明確に伝えてあげてください。

 

直接伝えることでようやくことの重大さに気づき、夜泣きに対して積極的に行動してくれるようになるかもしれません。

 

寝不足解消も可能!?夫と協力して夜泣き対応をする!

 

それでは、夫とどのように協力して夜泣き対応をすればよいか、いくつかの方法をご紹介します。

 

夜泣きは夫と協力して対応!対策その1 担当曜日を決める

まず1つ目は、担当曜日を決めるというやり方です。

夫婦で夜泣きの担当曜日を決めることによって、「どちらかが完全にゆっくりと寝れる日を作ることができる」というメリットがあります。

 

夜泣きを二人で対応する必要は必ずしもありませんので、旦那さんが休みの前の日などは、旦那さんに夜泣き対応をお願いしてみてはいかがでしょうか。

また協力を依頼する場合には旦那さんをやる気にさせるような一言(例えば 頼りになる等)であおることも大切!

 

夜泣きは夫と協力して対応!対策その1+α 夫婦別室 

先ほどの当番制とあわせ、寝室も別にしてはいかがでしょうか。

寝室を別にすることにより、夜泣きの声に反応することなく、一人でよりいっそうぐっすり眠ることができます。

 

朝までぐっすり眠ることができれば、普段から蓄積されているストレスがかなり軽減されるはずですので、小さなことに対するイライラも減り、心に余裕が生まれます。

ぜひ夫婦別室も検討してみてください!

 

夜泣きは夫と協力して対応!その2 時間で分担

2つ目は、時間によって担当を決めるやり方です。

例えば、パパの担当時間が夜の12時まで、それ以降はママがあやすといった具合に、時間ごとに赤ちゃんに付き添う人を変えるという方法。

 

この方法は一晩中泣き続けてしまうタイプの赤ちゃんには、おすすめ。

時間で分担する方法は、少しずつであるとは言え、毎日夫婦どちらもしっかり睡眠がとれるというメリットがあるのです。

 

夜泣きは夫と協力して対応!対策その3 家事・夜泣き分担制

最後は家事と夜泣きの分担制です。

これは、もう夜泣きにはどちらかが一方が担当する、と決めてしまって、その分家事をもう一方が分担するという方法。

 

仮に旦那さんが育児や家事を担当し、奥さんの休める時間が増えれば、夜泣きの対応は全て奥さんがやっていたとしても、奥さんの負担や不満は減りますよね。

 

ドライバーなど睡眠不足が大きな問題になる仕事をされている旦那さんの場合は、夜泣きの対応が難しいかと思います。そのような場合は、旦那さんが育児、家事の分担をするなどして、奥さんの負担を夜泣き以外の部分で減らしましょう。

 

任せる家事は家庭ごとに違っても良いと思うので、そこも含めて旦那さんと話し合ってみるのはどうでしょうか。

 

まとめ

 

夜泣きの対応を夫と協力して行う方法を3つお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

我が家では「対策その1: 担当曜日を決める方法」を採用していましたので、奥さんは私の休みである週末が来るのを私以上にとても楽しみにしていました 笑

 

奥さんが笑顔でいることが家庭円満の秘訣だと思いますので、奥さんの疲れやストレスが軽減でき、笑顔が自然に生まれるよう、旦那さんに夜泣き対策の一部を担ってもらうことをおススメします。

 

旦那さんの仕事に影響が出るのは申し訳ないと考える優しい奥さんも多いと思いますが、夜泣き対応を一人で行っていては体がもちません。ご紹介しました方法を試すなどして全てを一人で背負い込むのやめましょう。

 

すでに夜泣きのせいで疲れが溜まっている、イライラが止まらないという場合は子供の夜泣きに疲れた。寝不足でイライラしたときにするべきこと! を参考にしてみてください!

今日もお子さんと素晴らしい1日を過ごせるよう願っています(^^)

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 

子育て情報ランキング