赤ちゃんの夜泣きが大変だということは世間で認知されていると思います。
実際に僕ら夫婦を含め、多くの方が夜泣きによる夜睡眠不足で苦しみ、なかにはストレスからノイローゼになる方も。

 

赤ちゃんや親にとって、夜泣きは避けては通れない道です。泣くことは赤ちゃんの仕事ですから、仕方がないとはいえ、毎晩のように夜泣きが続くと家族も大変ですよね。

 

また、その時々の夜泣き対応のストレスもさることながら、「一体いつまでこの辛い夜泣きが続くのだろう」と考えると夜泣き以外の時間も憂鬱になってしまう。

 

では一体いつまで夜泣きは続くものなのでしょうか。
終わりの時期の目安がわかれば少しは気持ちが楽になるかもしれませんので、検証していきたいと思います。

 

赤ちゃんの夜泣きはいつから始まる?大変な夜泣き対応の始まり

 

夜泣きの始まる時期は個人差があるので、一概にこの時期と断定はできませんが、3ヵ月から6ヶ月ぐらいがスタートの時期と言われている。

ちなみに「新生児や生後2~3ヶ月の赤ちゃんも夜中に泣いているよ」と思われる方もいるかもしれませんが、新生児たちは夜中に泣く理由があるので、夜泣きとはいいません。

 

新生児が泣く理由としては

空腹による生理現象

昼夜の区別がつかない

膀胱が小さいために起こる夜中の排泄

赤ちゃん自身が「自分の意志で泣くことをコントロールできない」

など、明確な理由があるのです。

 

6ヶ月頃からは「夜泣きと呼ぶ」、新生児の時期は「夜泣きと呼ばない」という違いはあるようですが、夜中に泣くということに変わらないので、どちらにしろ親は大変ですよね。

 

夜泣きのピークは?

 

生後8ヶ月頃になると赤ちゃんの身体つきはしっかりし、一緒に遊べる時間が増えて育児の楽しみが増す時期となります。その一方で生後8ヶ月頃は夜泣きのピークを迎える赤ちゃんが多いのです。

 

この時期の赤ちゃんの脳は急激に発達しますので、見るものすべてから刺激を受けて成長する。そのため日中の刺激で脳が興奮していることが夜泣きにつながると考えられる。

 

赤ちゃんの性格がはっきりしてくる時期ですので、夜泣き自体も個性といえます。あまりにひどい夜泣きに不安を感じるものですが、赤ちゃんの正常な成長過程だととらえて付き合っていきましょう!

 

赤ちゃんの夜泣きはいつまで?辛い日々の終わり

 

夜泣きで大変な思いをしているママやパパからすれば、夜泣きは一刻も早く赤ちゃんに卒業してほしいこと。

ではいつまで赤ちゃん夜泣きは続くのでしょうか。

 

参考までにウィキペディアの情報ですが夜泣きが終わる時期の目安を1歳半としています。

 

夜泣き(よなき)は、赤ん坊幼児が、夜間睡眠中に目を覚まし激しく泣くこと。中でも特にはっきりした原因がない場合を指すことが一般的である。生後6か月から1歳半くらいに多く見られる。

                                

                                引用: ウィキペディア

 

夜泣きの終わる時期についても個人差があるので一概にいえませんが、1歳半から2歳という答えが比較的多い。

1歳半から2歳まで夜泣きが続くことを「長い」と捉えるか「短い」と捉えるかは人それぞれですが、僕は長いと思ってしまったので、本当にきつかったです 笑

 

辛い夜泣きを乗り越える方法

 

赤ちゃんが毎晩泣きつづけるとママやパパの負担も大きくなり大変。となると、できることなら赤ちゃんの夜泣きを軽減させたいと思うもの。

ではどのような夜泣き対策があるかをご紹介します。

我が子に合った夜泣き対策方法を見つけることで、ママやパパの負担も少なくし、つらい夜泣きを乗り越えましょう!

 

生活リズムの調整

生活リズムを整えることで、質の良い睡眠がとれるようになるのです。

早寝早起きはもちろん、日中にしっかり活動してエネルギーをうまく発散させること、昼寝の時間の調整をするなど、普段の生活リズムを見直してみましょう!

 

お昼寝時間を考える

「夜寝ない」、「夜中に頻繁に起きる」原因として考えられるのが、昼間や夕方に、長時間お昼寝をしてしまうことが挙げられる。

お昼寝を長時間してしまう、またはお昼寝の時間帯が遅くなってしまうことで、どうしても夜眠くなる時間が遅くなるという悪循環に陥ってしまいます。

 

お昼寝時間の目安としては最大3時間くらいまで、時間帯については遅くとも午後3時ぐらいまでには起こしてあげること。

 

ミルクを与える

ミルクをしっかり与え満腹にすることによって、夜中に空腹で起きるリスクが少なくなります。ポイントは母乳ではなくミルクという点。

 

母乳とミルクの違いは以下の通りです。

・母乳は消化が早く、ミルクは腹持ちがよい。

・母乳の場合は、ミルクに比べ飲むのに労力がかかるため、お腹がいっぱいになる前に赤ちゃんが寝てしまい、夜泣き空腹で起きる。

 

夜泣きで悩まされてる方は、寝る前に赤ちゃんにミルクをあげることで、お腹が満たすことができぐっすり寝てくれるかもしれません試してみる価値はあるのでは!

 

まとめ

 

今回は、夜泣きがいつから始まり、いつまで続くのかについて検証していきました。

もちろん赤ちゃんによって夜泣きの時期や期間は変わってきますが、目安の期間がわかるだけで、少し気持ちが楽になったり、対策を取らなければという気持ちになるのでは。

 

僕ら夫婦の場合、「平均して1歳半から2歳まで夜泣きする」という情報をみて、これは大変だ、何か対策を練ろうということになりました。

もし、夜泣きで悩まれているようであれば、お伝えした方法を試してみてはいかがでしょうか。

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 

子育て情報ランキング