夜泣きというと赤ちゃんをイメージされている方が多いのではないでしょうか。

でも実は、2歳になっても夜泣きをする子もいれば、逆に赤ちゃんの時から夜泣きをしたことがない子もいるなど、かなり個人差があるのです。

 

2歳児といえば「魔の2歳児」とも呼ばれ、日中の子育てを難しくする時期でもあります。

それに加え夜泣きの対応もしなければならないとなると、大切な休養時間が短くなり、疲れがたまる一方になってしまう。

 

そんな大変な日々を過ごしている2歳児のママ(パパ)が、夜に安眠生活を送れ、日々の疲れをしっかりとってもらうため、2歳児の夜泣き対策を紹介します。 

 

【夜泣き対策】2歳の子が夜泣きする原因とは?

 

この章では考えられる2歳児の夜泣きの原因をお伝えします。

原因がわかることによって、対策が立てやすくなると思いますので、ぜひともチェックを!

 

怖い夢と現実が混乱する

2歳児ですが、様々な体験を通して、「怖い」という感情が徐々に増えてくとのこと。ですので夜眠っている時に怖い夢をみた場合びっくりして泣いてしまうこともあるようです。

 

また、夢の途中で目覚めてしまったがために、夢と現実の区別がつかずに混乱して泣く子どももいるのです。

 

日中の強い刺激やストレス

いつもと違った楽しい経験をしたり、怖い出来事があったりすると、強い刺激やストレスになることが多い。例えば、幼稚園や保育園に通い始めたり、引っ越ししたり、下の兄弟が生まれたりなどして、身の周りに起こる大きな変化が夜泣きにつながるのです。

 

イヤイヤ期

2歳といえば「イヤイヤ期」、このイヤイヤ期も夜泣きと深い関係があるとのこと。

2歳になるころには自我が芽生え、自己主張が激しくなり、「自分のしたいことは何が何でもやりたい」という気持ちが強くなります。

 

「イヤイヤ」が始まると、ママたちのイライラもつのり最終的には怒鳴ってしまうこともあるでしょう。ママの怒った顔が子どもの脳裏に焼きついている場合があり、夜泣きとなってあらわれることもあるのです。

 

お昼寝不足

子どもにとってお昼寝は、脳を休息させる大事な時間。

毎日が刺激的でさまざまな経験をしている2歳児、その刺激は情報となって、お昼寝の時間に脳が整理してくれるのです。

 

ですので、お昼寝をしないと脳は情報を整理しきれなくなり、興奮状態のまま夜を迎えることになる。この状態だと、たとえ寝ついても夜中に起きて夜泣きをするのは無理もありませんね。

 

夜泣きは夜驚症のせい?

 

夜、眠っていると始まる夜泣き。しかし、それは、本当に夜泣きなのでしょうか?実は、このくらいの年齢からの夜泣きは“夜泣き”ではなく、夜驚(やきょう)症の場合があります。

 

夜驚症とは子どもの睡眠障害の一種といわれています。1歳前後の赤ちゃんにみられる夜泣きとは違い、2歳を過ぎたころから小学生ごろまでみられるのが特徴。

 

睡眠中に突然起き出し、叫び声をあげるなどの恐怖様症状を示す症状のことで翌朝本人にたずねてみても、まったく覚えていないこともあるのです。

それでは夜驚症の原因と対策について説明していきます。

 

夜驚症の原因

夜驚症の確かな原因はわかっていませんが、日中のさまざまな体験による刺激、ストレス、不安な気持ちなどがきっかけで、子どもの未発達な脳では睡眠リズムをコントロールできなくなり起こると考えられています。

脳が発達し、睡眠機能が完成する思春期頃になると落ち着くと言われている。

 

夜驚症の対策

夜驚症の症状があらわれても、本人とは意思の疎通がまったくできない状態のため、見守る」しかありません。呼びかけに反応せずに奇妙な言動をするので、初めて見たときにはとても不安になるでしょう。

 

見守るしかないとはいえ、症状が10分以上続く、頻繁に起こる、症状の最中に歩き出すといった様子が見られる場合は一度、病院へ相談されることをおすすめします。

 

2歳の子の夜泣き解消法

 

赤ちゃんの頃とは違い、2歳児の夜泣きは声も動きもパワーアップしているため、対応に苦労します。ですが、2歳児の夜泣きの原因は自然に治まってくるものがほとんどです。

 

睡眠サイクルにしても前頭葉の未発達にしても、成長するにつれてでき上がってくるものですから、もう少しの辛抱だと思ってください。

ただ、何もせずにただ我慢するのでは毎日が辛すぎます。そこで、いくつかの対策法をお伝えします。

 

子どもとのスキンシップを増やす

子どもは親とのスキンシップによって安心感を得ることができ、成長とともにさまざまな経験をし、楽しい、不安、嫌だなど多様な感情を感じていきます。

 

下のきょうだいが生まれて少し不安になっていたり、保育園やプレ幼稚園に通い出して緊張していたりする時期には、いつも以上にスキンシップを増やし、子どもへの大好きをたくさん伝えてあげることが大切。

 

生活リズムを整える

朝早く起き、朝日をしっかり浴びることによって、体の中のセロトニンを増やし、ひいてはメラトニンと呼ばれる「眠りホルモン」を夜分泌させることができる。

メラトニンが分泌されれば分泌されるほど眠りやすい体になるので、生活リズムが乱れている場合は、まず生活リズムを整えることをおススメします。

 

部屋を暗くする

寝かしつけに最適な環境はやはり暗闇。

暗くなる=夜=眠る時間という風に認識させるためにも部屋は真っ暗にするべきなのです。

 

また、寝かしつけ時は手持ち無沙汰なので、スマホやタブレットを使用するママやパパがいますが、小さいこどもは光にとても敏感なので、少なくとも光が視界に入らないようにするなどの配慮が必要になります。

 

お休み前のお約束事を作る

赤ちゃんに「寝る時間ですよ。」と直接話しかけても当然通じませんが、赤ちゃんに1日の生活の流れと「寝るタイミング」を覚えさせることはできるのです。

大切なことは、昼間は活発に活動し、夜は寝る、という生活リズムを赤ちゃんの頭と体に覚えこませ、習慣化すること。

 

起きる時間、食事、お風呂の時間もなるべく毎日同じにし、一日のルーティンを覚えさせてあげましょう。

 

夜泣き対策グッズを使う

夜泣きの対応がどうしても難しい場合は、寝かしつけグッズを利用してはいかがでしょうか。

例えば、抱っこ紐のスリングやゆらゆら揺れるバウンサーは、赤ちゃんに心地よい揺れを与えることができ、赤ちゃんが眠りやすい状況を作ることができるアイテム。

 

その他にもすやすや眠る用のアロマや、夜泣き用のハーブティーなどの夜泣き対策グッズも売っていますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

 

2歳ごろの夜泣きは乳幼児の頃より激しいため、「いつまでこの状況が続くの?」という気持ちになります。

ただ、夜泣きは感情が発達してきた子どもが通っていく道でもある。

 

夜泣きに対し感情的になったり、不安な気持ちになったりすることは、子どもをさらに不安にさせることかもしれませんね。

夜泣きにイライラした場合、周りに協力してもらい対策を取る、適度に息抜きをするなどして、ストレスを解消しながら付き合っていくようにしましょう。

 

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 


子育て情報ランキング