世間一般で言われている赤ちゃんの夜泣きとは一体なんなのでしょうか

また赤ちゃんの夜泣きはそもそもいつから始まりいつまで続くものなのでしょうか。

夜泣きの一般的な解釈時期、そして赤ちゃんの夜泣きの原因とその対策について今回はご紹介していきます。

 

夜泣きとは

 

夜泣きとは、「特に理由もなく夜中に突然泣きだし、抱っこしても何をやっても泣き止まない状態」のこと。

やっと泣き止んで寝かしつけに成功したと思っても、またすぐに起きて泣いてしまい、それが朝まで延々と続くこともあります。

 

夜泣きが始まる月齢や期間、時間帯は赤ちゃんによって個人差がありますが、中にはほとんど夜泣きの時期がなかったという子もいるのです。

 

夜泣きはいつから

 

夜泣きとはいつから始まるものかという問いに対しては、個人差があるのでずばりの時期は答えられません。ただし、生後6ヶ月頃ぐらいから夜泣きをスタートさせる赤ちゃんが多いようです

ちなみに「新生児や生後2~3ヶ月の赤ちゃんも夜中に泣いているよ」と思われる方もいるかもしれませんが、新生児たちは夜中に泣く理由があるので、夜泣きとはいいません。

 

新生児が泣く理由としては

 空腹による生理現象

 昼夜の区別がつかない

 膀胱が小さいために起こる夜中の排泄

 赤ちゃん自身が「自分の意志で泣くことをコントロールできない」

 

など、明確な理由があるのです。

 

6ヶ月頃からは「夜泣きと呼ぶ」、新生児の時期は「夜泣きと呼ばない」という違いはあるようですが、夜中に泣くということに変わらないのでどちらにしろ親は大変ですよね。

 

夜泣きのピーク時期は?

 

生後8ヶ月頃になると赤ちゃんの身体つきはしっかりし、一緒に遊べる時間が増えて育児の楽しみが増す時期となります。その一方で生後8ヶ月頃は夜泣きのピークを迎える赤ちゃんが多いのです。

 

この時期の赤ちゃんの脳は急激に発達しますので、見るものすべてから刺激を受けて成長する。そのため日中の刺激で脳が興奮していることが夜泣きにつながると考えられる。

 

また赤ちゃんの性格がはっきりしてくる時期ですので、夜泣き自体も個性といえます。あまりにひどい夜泣きに不安を感じるものですが、赤ちゃんの正常な成長過程だととらえて付き合っていきましょう!

 

→【厳選】夜泣き対策グッズ4選!辛い夜泣きをいち早く解決したいあなたへ!はこちらをクリックする

 

夜泣きはいつまで?1歳、2歳、それとも3歳?

 

夜泣きとはいつまで続くものなのでしょうか。

実際に夜泣きの時期を調べてみたところ、一般的には半年~1歳半の間に夜泣きする赤ちゃんが多いとのこと。

ただし、2歳や3歳になっても夜泣きをする子や、逆にほとんど夜泣きすることがない赤ちゃんもいるなど、かなりの個人差があります。

 

夜泣きの原因は?

 

夜泣きの原因ははっきりとはわかっていませんが、睡眠リズムや発達の過程に原因があると考えられています。

下記の表で月齢ごとの原因をまとめてみました。

 

月齢 原因
新生児 ・昼夜の感覚がない・不安感
新生児~1歳 ・昼夜の感覚がまだ完全ではない。
・日中の刺激 ・ストレス・朝寝坊 ・昼寝のし過ぎ ・不安感
1~2歳 ・日中の刺激 ・ストレス ・朝寝坊・昼寝のし過ぎ ・エネルギーが余っている ・夢の影響 ・赤ちゃん返り・夜驚症

あくまでも目安ですが、参考になれば幸いです!

 

夜泣き対策とは?

 

それでは重要な関心事項であります夜泣き対策について以下でご紹介していきます。

泣き出しても抱っこをすぐにはしない

夜中に子どもが泣き声をあげると、すぐにオムツを替えたりミルクをあげたり、抱っこしてあげたりしてはいませんか?

大人と違い赤ちゃんは、レム睡眠(浅い眠り)の時にも、身体がなぜかバンバンと動いたり、泣き出したりすることがあるようです。

 

つまり、赤ちゃんが動いたり、大声で泣いていても、それは起きているのではなくて、浅い眠りで、寝たままの状態なのかもしれないということ。

夜中に赤ちゃんがちょっとでも泣いてしまうと、すぐミルクをあげたり、電気をつけたり、抱っこをすることは、“浅い眠りになるたびに、起きる”というしつけをしているようなものです。

 

夜中赤ちゃんが泣く行為にあまり過敏に反応しないようしていれば、それ以降ひどい夜泣きに繋がらないとも言われています。夜中に泣き出しても、まずはそっと見守りましょう。

 

早寝早起き

夜泣きしない子にするには、早起きが必須。

実は朝早く起き、朝日をしっかり浴びることで、体の中のセロトニンを増やし、結果的にメラトニンと呼ばれる「眠りホルモン」を夜分泌させることができるのです。

 

メラトニンが分泌されれば分泌されるほど夜眠りやすい体になるので、夜ぐっすり寝てもらうためには、やはり早起きをし、生活リズムを整えることがとても大切。

 

ミルクを織り交ぜてみる

一般的には母乳よりミルクの方が夜泣きしづらいと言われています。

理由は以下の通りです。

 

  • 母乳は消化が早く、ミルクは腹持ちがよい。
腹持ちがよいので、お腹が減って起きることが少ない。

 

  • 母乳の場合は、ミルクに比べ飲むのに労力がかかる。
母乳を飲んでいる途中で疲れて寝てしまうことがあるため、お腹が減って途中で起きる可能性がある。

 

夜泣きで悩まされている方は、ミルクを上手く織り交ぜてみてはいかがでしょうか。

 

お昼寝時間帯は重要

「夜寝ない」、「夜中に頻繁に起きる」原因として考えられるのが、昼間や夕方に、長時間お昼寝をしてしまうことが挙げられる。

お昼寝を長時間してしまう、またはお昼寝の時間帯が遅くなってしまうことで、どうしても夜眠くなる時間が遅くなるという悪循環に陥ってしまいます。

 

お昼寝時間の目安としては最大3時間くらいまで、時間帯については遅くとも午後3時ぐらいまでには起こしてあげること。

 

寝むり辛い状態を解消する

夜泣きしない子にするには、眠り辛い不快な状態を解消する必要があります。

不快な状態では私たち大人でさえ眠りにつくのは難しいですよね。であれば、当然赤ちゃんも快適な状態でなければ眠りづらい訳です。

 

主な不快な原因は以下の通りです。

 オムツが汚れている

 暑すぎるもしくは寒すぎる

 おなかが空いている

 生活音が気になる

 部屋が明るい

 ハウスダストやほこりによるくしゃみや鼻づまり

 

赤ちゃんが眠り辛そうだなとは感じた場合は、上記の原因を一つ一つ解消してみて下さい!

 

赤ちゃんの生活リズムを習慣化する

赤ちゃんに「寝る時間ですよ。」と直接話しかけても当然通じませんが、赤ちゃんに1日の生活の流れと「寝るタイミング」を覚えさせることはできるのです。

 

大切なことは、昼間は活発に活動し、夜は寝る、という生活リズムを赤ちゃんの頭と体に覚えこませ、習慣化すること。

起きる時間、食事、お風呂の時間もなるべく毎日同じにし、一日のルーティンを覚えさせてあげましょう。

 

食べ過ぎを止める

食べてくれること自体は嬉しいことなのですが、「まだ食べたそうだから与えよう」と思い与え続けていては食べ過ぎになってしまうのです。

食べ過ぎでしまうと、それだけ胃の消化活動が活発になるため体温が下がりにくくなります。

 

人間は体温が下がるタイミングで眠くなるので、胃の中にいつまでも食べ物が残っている状態は、子どもの寝つきを悪くし、安眠を妨げることにつながる。

赤ちゃん自身で食事の量をコントロールすることは難しいので、月齢でのおおよその量を把握しておき、食事を与えるようにしましょう。

 

もし赤ちゃんの食事の量をどうしたらよいか悩んでしまう場合は、専門医に相談してみてはいかがでしょうか。

 

夜泣きグッズを活用

夜泣きの対処法には寝かしつけグッズの利用が効果的です!

例えば、抱っこ紐のスリングやゆらゆら揺れるバウンサーは、赤ちゃんに心地よい揺れを与えることができ、赤ちゃんが眠りやすい状況を作ることができるアイテム。

 

これらの夜泣きグッズは、評判もよく実際に私たち夫婦も利用し、効果を発揮しました。

その他にもすやすや眠る用のアロマや、夜泣き用のハーブティーなどの夜泣き対策グッズも売っていますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

夜泣きとは一体どんなものなのかについてご紹介していきました。

特にこれから夜泣きを経験するであろう新米ママやパパには役立つ内容ではないかと思います。

 

夜泣きをあらかじめ理解しておき、いざ夜泣きが始まったらすぐに対応できるようにしておきましょう。

以下の記事も合わせて読んでいただくと、夜泣きについてより知ることができますのでおススメです。

→【厳選】夜泣き対策グッズ4選!辛い夜泣きをいち早く解決したいあなたへ!はこちらをクリックする

 

ランキング参加中です。記事が気に入ったらクリックお願いします!

にほんブログ村

 


子育て情報ランキング